住友電工情報システム

文書管理・情報共有システム ITトレンド年間ランキング2019 文書管理 第1位 楽々Document Plus

楽々Document Plusのメニュー
ホーム > 楽々Document Plus

文書管理システム(文書管理ソフト)なら
楽々Document Plus

楽々Document Plus(らくらくドキュメントプラス)は、550社以上の導入実績があり、さまざまな業種・用途でご利用いただいている文書管理システムです。
紙文書の管理やファイルサーバによる電子文書の管理が抱える課題に対し、適切な権限のもと、文書の分類・保管・活用ができます。

楽々Document Plusで文書管理を正しく行うことで、ペーパーレス化の促進や社内の業務効率向上を実現できるほか、出張先やテレワーク(在宅勤務)でも、場所・端末を選ばず利用でき、働き方改革を強力にサポートします。

文書管理システム(文書管理ソフト)
楽々Document Plus
が選ばれる理由

楽々Document Plus を選定した理由について、導入企業様にご回答いただいたアンケート上位3位をご紹介します。

第1位業務への適用性

楽々Document Plusは、さまざまな部門で発生する文書の管理にご活用いただいています。
一般のオフィス文書をはじめ、契約書やISO文書の管理、ペーパーレス化、e文書法への対応など、幅広い用途で利用できます。

契約書管理

自動通知や自動更新などの期限管理機能により、更新手続き忘れなどの業務ミスを防止できます。契約更新時も承認ワークフローを行え、契約先や契約内容による検索や版管理も可能です。

  • 活用事例はこちら
  • 機能詳細はこちら

ISO文書管理

紙での運用では苦労が多いISO9001/14001の要求事項を網羅しており、品質マニュアル・規定類の配付や版管理、定期見直しなどを効率的に運用できます。

  • 活用事例はこちら
  • 機能詳細はこちら

ペーパーレス化

ペーパーレス化をかんたんに実現するだけでなく、電子化後の文書を活用するための便利な機能も十分にそろっているので、業務の効率化を推進し、働き方改革の一翼を担うことができます。

  • 活用事例はこちら
  • 機能詳細はこちら

e文書法への対応

税務関係書類のスキャナ保存(e-文書法対応)に必要な機能を網羅しており、効率よく運用できます。タイムスタンプによる完全性の担保はもちろん、改ざん有無の一括検証にも対応しています。

  • 活用事例はこちら
  • 機能詳細はこちら

Point

楽々Document Plusでは、ファイルを登録・保管するだけでなく、作成日や契約先、製品型番など、お客様の業務に必要な属性情報を付与して管理できます。
複数のファイルを束ねて管理することもできるので、関連性のあるファイルがバラバラになることもありません。
ワークフロー機能を使った電子承認も可能で、社内文書の脱ハンコを簡単に進めることができます。

お客様が自由に設計・構築することができるので、管理する属性の追加や承認フローの変更にも、迅速かつ柔軟に対応できます。

第2位充実した機能

全文検索とビューワ、柔軟なワークフロー、ファイルへのセキュリティを中心にあらゆる文書の管理に適した機能を取り揃えております。

らくらく検索&サクサク表示
高性能な全文検索エンジンと、ヒットしたページを瞬時に表示する高速ビューワで、求める情報をスピーディにいつでも、どこからでも探し出すことができます。Word、Excel、PPT、PDFなどファイル形式を問わず、キーワードに一致しなくても、あいまい検索で漏れなく探せます。どのブラウザ/タブレットからでも同じようにビューワで閲覧でき、場所や場面に影響されない働き方を実現します。
かんたん登録
ワークフロー機能を標準搭載しており、ペーパーレスでの登録・承認・公開が可能ですので、煩わしいファイリング作業からも解放されます。書類をまとめてスキャンするだけで、フォルダへの振り分けから登録までを自動化できます。更に帳票やQRコードから必要な情報を抽出し、属性として登録すれば、台帳管理や期限管理も可能で、検索性も向上できます。
万全のセキュリティ
アクセス制御で厳格なセキュリティ管理ができるだけでなく、ファイルの印刷/ダウンロード制御や透かし文字の挿入など持ち出し制御にも対応しています。アクセスログ管理も装備し、情報漏えい対策も万全です。

楽々Document Plusに登録したファイルは、高性能の検索エンジンと高速ビューワにより、必要な情報をスピーディに検索・表示できます。
「作成者」や「タイトル」など任意の属性項目を検索条件に追加して、効率的に絞り込むこともできます。

紙書類をスキャンしたPDFファイルも自動でOCR処理され、全文検索の対象となるので、様々な書類を効率的に活用・再利用できます。
紙書類の状態が悪くOCR処理で誤認識した文字があっても、あいまい検索であればヒットさせることができるので、ペーパーレス化にも大きく貢献できます。

文書管理システム「楽々Document Plus」について
お気軽にお問い合わせください

導入事例

文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus
ページの先頭へ