住友電工情報システム
閉じる
ホーム > 文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus > 導入に関して > 最新リリース情報

最新リリース情報

楽々Document Plusの最新バージョンのリリース情報をご紹介します。

楽々Document Plus Ver6.1(リリース日:2021/05/25)

楽々Document Plus Ver.6.0からVer.6.1において、主に下記の項目について、変更(機能の追加・改善・拡張、性能の改善、動作環境の変更など)を行いました。

電子契約サービス「クラウドサイン」と連携

電子契約サービス「クラウドサイン(※)」との連携機能を搭載しました。以下の2通りの方法で連携でき、楽々Document Plusへ取り込んだ契約書は、全文検索や期限管理などのあらゆる機能を活用できます。これにより、紙と印鑑での作業を撤廃し、契約書の申請から締結・保管までをシステム上で一貫して管理できるようになりました。

<電子契約サービス「クラウドサイン」との連携機能>

  • 楽々Document Plus上で承認した契約書のPDFファイルをクラウドサインに自動でアップロードできます。また、クラウドサインでの契約結果を、楽々Document Plusに自動で取り込みます。
  • クラウドサイン上で作成した契約書や相手方から受信した契約書を締結後、楽々Document Plusに自動で取り込みます。
楽々Document Plusのクラウドサイン連携イメージ
楽々Document Plusのクラウドサイン連携イメージ

さらに、楽々Document Plusのワークフロー機能を活用すると、契約締結前のリーガルチェック(契約審査)が行えるため、契約書の作成や審査から締結後の保管までをシステム上で一貫して管理できます。これにより契約書の状況を可視化することで、業務効率の向上が期待できます。

(※)クラウドサインの利用には、弁護士ドットコム株式会社との契約・費用が別途必要となります。

クラウドサインについて https://www.cloudsign.jp/

「クラウドサイン」は、「紙と印鑑」を「クラウド」に置き換え、契約作業をパソコンだけで完結できるWeb完結型クラウド契約サービスです。2015年の提供開始以来、累計契約送信件数500万件以上の実績(※)を持ちます。全てがクラウド上で完結するため、契約締結のスピード化とコスト削減を実現します。電子契約機能は、「いつ・誰が・どの契約に合意したか」を証明する厳格な電子署名とタイムスタンプを付与します。リモートワークの環境下においても契約書の証拠力を担保しながら、事業活動に重要となる円滑な契約業務を可能にします。
(※)数値は2021年4月末時点

リリース情報の詳細につきましては、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus
ページの先頭へ