住友電工情報システム
閉じる
ホーム > 楽々Document Plus > 導入に関して > 最新リリース情報

最新リリース情報

楽々Document Plusの最新バージョンのリリース情報をご紹介します。

楽々Document Plus Ver.5.3(リリース日:2020/07/08)

楽々Document Plus Ver.5.2からVer.5.3において、主に下記の項目について、変更(機能の追加・改善・拡張、性能の改善、動作環境の変更など)を行いました。

契約書からの自動属性抽出(オプション)

AIの自然言語処理を活用して、契約書ファイルの中から契約先社名/氏名などの固有名詞や、契約金額/契約開始日/契約終了日などの表現(これらの総称:固有表現)を抽出するオプション機能を追加しました。自動抽出した固有表現は、楽々Document Plusの属性情報として自動セットでき、台帳管理や項目単位での属性検索などでご活用いただけます。

例えば、契約書の中から自動抽出した契約終了日を文書の属性項目に自動セットし、期限が近付くと自動通知する期限管理機能と組み合わせることで、契約書管理業務を自動化できます。

契約書からの自動属性抽出(オプション)

エリアOCR結果の自動補正&一括修正(オプション)

形式が決まった書類から指定したエリアの情報を自動抽出し文書の属性情報として登録するエリアOCR(オプション)を強化しました。今回の機能強化では、表記ゆれの統一や不要な文字の除去などエリアOCR結果の自動補正と一括修正が可能になりました。

例えば、社名の“(株)”を“株式会社”に自動置換したり、氏名の情報から“様”や“殿”などの文字を除去したりといった自動補正が可能です。また、従来は、取り込んだ情報が誤っている場合に、一件ずつ文書を修正する必要がありましたが、複数の文書の取り込み結果を一括で修正することが可能です。

これにより、ペーパーレス化で発生する修正作業の手間を大幅に軽減でき、業務効率の向上が期待できます。

ファイルサーバからのデータ移行簡易化

ファイルサーバのフォルダ階層とファイルをそのまま楽々Document Plusへ移行できるようになりました。

従来のデータ移行では、フォルダ一括作成機能などでフォルダを作成し、作成したフォルダに文書一括登録機能などで文書を登録する必要がありました。また、これらの機能を利用する際は、事前にCSVファイルを作成しておく必要がありました。

今回追加するデータ移行簡易化では、ファイルサーバ側のフォルダを指定するだけで配下のフォルダツリー構造を楽々Document Plus上に自動作成できます。加えて、ファイルサーバに保管されているファイルも文書として自動登録できます。

そのため、これまでのようなCSVファイルを作成する必要がなく、移行スケジュールの短縮や管理対象文書の拡張を容易に実現できます。

リリース情報の詳細につきましては、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus
ページの先頭へ