住友電工情報システム

文書管理・情報共有システム ITトレンド年間ランキング2018 文書管理 第1位 楽々Document Plus

閉じる
ホーム > 楽々Document Plus > 導入に関して > 最新リリース情報

最新リリース情報

楽々Document Plusの最新バージョンのリリース情報をご紹介します。

楽々Document Plus Ver.5.1(リリース日:2019/05/31)

楽々Document Plus Ver.5.0からVer.5.1において、主に下記の項目について、変更(機能の追加・改善・拡張、性能の改善、動作環境の変更など)を行いました。

検索画面のリニューアル

検索画面をひとつにまとめ、1画面上で全文検索(あいまい検索)と文書の作成者や作成日といった属性による絞込み(属性検索)を組み合わせた検索ができるようになりました。従来は、全文検索と属性検索の検索条件を入力する画面が分かれていたため、画面を切り替えて検索条件を入力しなければなりませんでした。検索画面の1画面化により、例えば、文書の作成者で属性検索を行い、その結果が表示された同じ画面で、全文検索(あいまい検索)のキーワードで絞り込む検索を行うなど、探したい文書をより簡単に、素早く検索することができるようになりました。

さらに、検索結果でファイルの中身が一目でわかるサムネイル付きのサマリー表示と、各文書の属性が確認しやすい一覧表示を、自由に切り替えて表示できるようになりました。例えば、あるキーワードを含む契約書をリストアップし、一覧表示形式でExcelファイルに出力、そのまま台帳として関係部門にメール添付するといったことも簡単にできるようになりました。

契約書管理の機能改善

従来、フォルダ単位での管理項目であった、契約期限が近づいた際の通知メールの送付先、契約期限超過時の督促メールの送付先を、契約書の文書ごとにきめ細かく設定して送付できるようになりました。送付先には、部署などのグループや個人を指定することができます。

その他にも、契約期限超過時の督促メールの文面の設定、契約書の自動更新の設定などの機能改善を行い、より柔軟に使いやすくなりました。

リリース情報の詳細につきましては、製品の詳細に関するご質問フォームよりお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus
ページの先頭へ