住友電工情報システム
文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus
ホーム > 製品情報 > 楽々Document Plus > 導入に関して > 導入に関して:ライセンス体系

ライセンス体系

楽々Document Plusライセンス

楽々Document Plusの標準ライセンスとして、ユーザライセンスとCPUライセンスがあります。

ユーザライセンス

製品名 備考
文書管理パッケージ
100ユーザ・ライセンス Windows版、1サーバ単位、最大文書数=50万文書
150ユーザ・ライセンス Windows版、1サーバ単位、最大文書数=50万文書
200ユーザ・ライセンス Windows版、1サーバ単位、最大文書数=50万文書
300ユーザ・ライセンス Windows版、1サーバ単位、最大文書数=50万文書
600ユーザ・ライセンス Windows版、1サーバ単位
1000ユーザ・ライセンス Windows版、1サーバ単位
追加1000ユーザ・ライセンス ユーザ数1001~5000までの範囲に適用、1サーバ単位
拡張1000ユーザ・ライセンス ユーザ数5001~から適用、1サーバ単位

CPUライセンス

製品名 備考
文書管理パッケージ
1CPU(4コア)ライセンス Windows版、APサーバのCPU
追加 1CPU(4コア)ライセンス 物理、仮想環境へのAPサーバ追加、仮想環境へのコア数追加

オプション

機能拡張

オプション製品名 備考
AD連携オプション Active Directory(以下、AD)と連携して、ユーザー認証を行うことができます。1サーバ、Internet Explorerのみ対応可能です。
CADオプション AutoCAD/JW-CAD のファイルのサムネイル・ビューワ対応と全文検索対象にします。
エリアOCRオプション 形式の決まった書類をスキャンした際に、指定したエリアの情報を楽々Document Plusへ自動登録します。
画面キャプチャ禁止オプション 以下のオプション機能を利用できます。
  • ・画面キャプチャー禁止
  • ・プリントスクリーン禁止
  • ・ブラウザからの印刷禁止
  • ・保存禁止
  • ・テキスト抽出禁止
  • ・キャッシュ削除
一括検証オプション 楽々Document Plusで保管しているタイムスタンプ付き文書について、指定期間の文書の改ざん有無を一括検証します。

AD連携オプションとは

Windows2000以降に搭載されるディレクトリ・サービスのADと連携して、ユーザー認証を行うことができるオプションです。AD連携を利用することで、楽々Document Plusへのアクセス時に自動認証処理を実施し、ログイン画面を経由することなく、楽々Document Plusを利用することができます。

フォルダツリーのイメージ図

大規模運用対応

オプション製品名 備考
冗長化ライセンス 同時利用数が多く、サーバを複数台用意し冗長化して負荷分散する場合に必要なライセンスです。
開発・検証ライセンス 本番環境とは別に開発・検証用環境を構築する場合に必要なライセンスです。
なお、本番環境と開発・検証用環境はそれぞれ独立した環境で同期をとらないものとします。
スタンバイライセンス サーバやシステムに何らかの障害が発生したケースに備えて、スタンバイ構成にする場合に必要なライセンスです。
(ホットスタンバイ/コールドスタンバイ両方)

各ライセンスのちがい

  • 冗長化ライセンス
  • 開発・検証ライセンス
  • スタンバイライセンス
文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus
ページの先頭へ