住友電工情報システム
閉じる
ホーム > エクセル業務効率化支援ツール 楽々Webデータベース > 活用事例「できること」 > できること:ヒヤリ・ハットの収集・分析をしてみよう

楽々Webデータベース
ヒヤリ・ハット報告書の提出・分析をしてみよう

ヒヤリ・ハットとは

ヒヤリ・ハットとは、結果として重大な事故などに至らなかったものの、一歩まちがえば事故につながりかねない出来事をいいます。まさに、ヒヤリとした体験やハットした体験が元になっていることから「ヒヤリ・ハット」と呼ばれているのです。このヒヤリ・ハットは安全管理、リスクマネージメントにおいて非常に重要な情報とされています。

1931年、米国の損害保険会社の副部長だったハーバート・ウィリアム・ハインリッヒは、5,000件の労働災害を調査した結果、1件の重大な事故や災害の背後には29件の軽微な事故や災害が存在しており、さらにその背後には危うく事故や災害になりかけた300件の出来事が隠れているということを発見しました。この経験則は「ハインリッヒの法則」、あるいは「1:29:300の法則」として安全管理やリスクマネージメントの分野で広く知られています。

ハインリッヒの法則の図

ヒヤリ・ハットはこの危うく事故になりかけた300件の出来事にあたります。さらに、300件のヒヤリ・ハットの背後には数千件の不安全行動や不安全環境が存在しています。事故や災害を未然に防ぐためには、ヒヤリ・ハットの段階でその原因となる行動や環境を改善することが有効なのです。

具体的なヒヤリ・ハットの記録をヒヤリ・ハット事例といいます。また、労働災害の未然防止・再発防止を目的として、ヒヤリ・ハット事例を集めて分析し、ひとつひとつ対策を実施していく活動をヒヤリ・ハット活動といいます。ヒヤリ・ハット活動は製造業や医療を中心に交通、飲食業などあらゆる業種で安全活動の基本として実施されています。

ヒヤリ・ハット活動

ヒヤリ・ハット報告

ヒヤリ・ハット活動の基本はまずヒヤリ・ハット事例を収集することです。ヒヤリ・ハットを体験した当事者が速やかにヒヤリ・ハット報告書を作成し安全管理担当者に提出します。ところが、このヒヤリ・ハット事例の収集が簡単ではありません。

ヒヤリ・ハットは実際の事故や災害には至らず実害のなかった出来事です。当事者はヒヤリ・ハットを軽視しがちで、いちいち報告するのも面倒と感じることでしょう。また、報告することで、叱責を受けたり、当事者や当該部署の評価が下がるのをおそれて積極的に報告しないこともあるでしょう。

ヒヤリ・ハットを集めるためには、報告者の不利にならず、むしろ有利になる制度を整え、ヒヤリ・ハット活動が職場の安全や労働環境の改善につながっていくということを啓蒙・教育し続けることが重要です。また、ヒヤリとしたらすぐに報告できる簡単な手段を準備しておくことも効果的です。

分析と改善

ヒヤリ・ハットを収集しても同じようなヒヤリ・ハットがなかなか減らないことがよくあります。多くの場合、ヒヤリ・ハットの対策に問題があるか、その対策の周知・徹底に問題があることが原因です。

例えば、たいていのヒヤリ・ハットは注意すれば避けることができます。従って、原因を「注意不足」としてしまいがちです。そうすると対策が「注意する」になり対策になりません。有効な対策をたてるために、ミスの根底にある原因、真因をなぜなぜ分析などの手法を使ってあきらかにします。

また、なかなか対策されなかったり周知されなかったりするとその間に同じようなミスが起こります。ヒヤリ・ハット発生後は速やかに対策を施し、関係者に周知することが再発防止につながります。ヒヤリ・ハットの報告が速やかに改善につながることで、ヒヤリ・ハット活動へのモチベーション向上にもつながります。

体験ヒヤリと想定ヒヤリ

従来、ヒヤリ・ハットは実際に体験したものでしたが、一歩進んで、体験はしなかったが、事故や災害につながる行動や環境に気づいた事例も収集します。これを「想定ヒヤリ」といいます。これに対し、実際に体験したヒヤリを「体験ヒヤリ」といいます。

想定ヒヤリを考えることは、職場に潜む事故や災害の芽を探し出すことであり、危険予知に他なりません。危険予知を高める方法として、事前にチームでイラスト等から危険な個所を探しだす訓練をする「KYT(危険予知訓練)」や、現場で作業前に起こり得る災害を想定し対策を施す「KYK(危険予知活動)」などが広く実施されています。

Excelのヒヤリ・ハット報告書

楽々Webデータベースを使って、このヒヤリ・ハット報告書をWebアプリ化し、集計結果を分析してみよう。

よくある課題

手順が面倒なために
報告がつい後回しにされがち

内容分析時には各ファイルの
記載内容を1つずつ確認して
まとめる作業が必要

集計作業が面倒なため、
データの活用が妨げられる

楽々Webデータベースでできること

Web上で入力できるので
フォームをダウンロードする
手間がかからない

入力内容はまとめて格納されて
いるため再集計の必要なし

アプリに登録された報告書一覧を
Excelファイルでダウンロードして
活用できる

3つのステップでエクセルファイルをアプリ化

01.エクセルファイルを取り込む

エクセルファイルが取り込まれました。

02.データベースに読み込むセルを選択する

「見出し」と「データ」をそれぞれ選択します。

03.入力型を確認する

読み込んだセルの項目型が意図通りかを確認し、調整します。
作成をクリックすると、アンケートアプリが作成されます。

アプリ化後、各項目の設定を行う

01.選択項目の追加

項目の上で右クリックします。選択項目名を入力し、最後にプラスボタンを押して追加していきます。

02.初期値の設定

「項目の上で右クリックします。項目の初期値を入力します。

03.メール通知設定

データ登録時にメールで通知されるよう設定します。

宛先・件名・メール本文・実施条件を設定したら「適用」をクリックしましょう。

ヒヤリ・ハット報告書を提出・回収

01.報告内容の入力

直接登録する場合

ヒヤリ・ハット報告書をWeb上から直接入力できます

エクセルテンプレートを使用する場合

報告者は各自でエクセルファイルのテンプレートをダウンロードし、報告内容を入力します

エクセルファイルが取り込まれました。

02.報告書を提出

直接登録する場合

入力が終了したら、登録ボタンをクリックします

エクセルテンプレートを使用する場合

入力が終了したら、エクセルファイルをアップロードすると
報告書が登録されます

ヒヤリ・ハット報告書がデータベースに登録されました

  • 報告書は、検索したりエクセル形式でダウンロードすることができます
  • エクセルの機能を利用しグラフ化するなど、自由に集計し活用できます