住友電工情報システム
閉じる
ホーム > 楽々Webデータベース > できること > リンクアプリを作って活用してみよう

楽々Webデータベース
リンクアプリを作って活用してみよう

リンクアプリの活用

楽々Webデータベースを使って担当者が2つのWebアプリから効率的に情報を取得できるようにしよう。

リンクアプリとは

  • それぞれのアプリに含まれている共通の項目を使って情報を検索し、活用することができるアプリ
  • 複数のアプリ間を横断的に見ることができる

リンクアプリで使用するアプリを画面から作成する

01.アプリの作成画面を開きます

アプリの新規作成画面が開きます。
設定したい項目を左画面にドラック&ドロップします。

02.アプリに必要な項目を設定します

項目に任意の名前を付け、アプリ名を設定します。

作成をクリックすると、アプリが作成されます。
同様の手順で、「お取引先リスト」のアプリも作成します。

リンクアプリを作成する

01.新規作成からリンクアプリ作成の画面を開きます

リンクアプリの作成画面が開きます。
右側には、作成済みのアプリが表示されています。

02.関連づけたいアプリの項目をリンクさせます

ここでは、先ほど作成した「ノウハウ管理」アプリと、「お取引先リスト」アプリを使用します。
2つのアプリを右のリストから、左にドラック&ドロップします。

取引先の社名を使用してデータを検索できるようにしたいので、それぞれのアプリの「会社名」と「社名」にチェックを入れます。(チェックを入れると、項目同士が緑の線でつながります)

アプリ名を付け、作成をクリックするとアプリが作成されます。
ここでは、アプリ名を「ノウハウ検索[会社名]」と付けます。

リンクアプリが完成しました

リンクをアプリを実際に使ってみましょう。

リンクアプリを使って目的のデータを検索する

今回は、数あるお取引先のうち、「住友電工情報システム株式会社」に関するノウハウを調べてみます。

作成したリンクアプリ(ここでは「ノウハウ検索[会社名]」)を開き、「検索の起点になるアプリ」を選択します。
ここでは、会社名からノウハウを検索したいので、「お取引先リスト」を起点にします。

「お取引先リスト」アプリと同様の項目が検索条件に出てくるので、調べたい会社名を入力します。ここでは「住友電工情報システム株式会社」を検索してみます。

検索結果が表示されるので、「照会に遷移」をクリックします。

すると、社名が「住友電工情報システム株式会社」となっているノウハウ管理アプリのデータを検索することができます。

詳しい使い方を見る

より詳しい説明は以下のページをご覧ください。