住友電工情報システム
閉じる
ホーム > 楽々Webデータベース > できること > コレクトアプリを活用し、複数のアプリを集計してみよう

楽々Webデータベース
コレクトアプリを活用し、
複数のアプリ集計してみよう

形式が同じ複数のアプリ

ここに、売上を管理するWebアプリが2つあります。
楽々Webデータベースを使って、この営業売上台帳をコレクトアプリで集計できるようにしてみよう。

集計時によくある課題

アプリが2つあるので、
1つずつ閲覧しなくてはならない

データのダウンロードも
それぞれする必要がある

集計はエクセルに張り付けて
作業する必要がある

楽々Webデータベースでできること

売上の入力はこれまで通りでOK

各アプリからデータを
ダウンロードする必要がない

エクセルでの集計不要!
アプリ上で閲覧・更新も可能

コレクトアプリとは

  • 複数のエクセル(アプリ)で管理されているデータを、一つにまとめて集計する機能を持つアプリ
  • 数値の合計や小計、最大値、最小値、平均もコレクトアプリ内で計算できる
  • 不要な項目を非表示にしたり、特定の期間のみ表示するなど、効率的な集計ができる

コレクトアプリを作成する

ここでは、個別のデータを入力する2つのアプリ「営業1課売上台帳」、「営業2課売上台帳」は既に作成済みとします。
アプリの作り方はこちらを参照。

01.コレクトアプリの作成画面を開く

02.ベースアプリを設定する

まとめて見られるようにしたいアプリのうちの1つを、ベースアプリとして設定します。
参照ボタンをクリックすると、作成済みのアプリが表示されるので、ここでは「営業1課売上台帳」を選択します。

03.アプリ名、表示非表示を設定する

コレクトアプリ上で表示する必要のないデータは非表示にします。

04.一緒に集計する他のアプリを指定する

ここでは、「営業2課売上台帳」を読み込みます。

05.同じ列に表示する項目を指定する

参照ボタンからそれぞれの項目を指定していきます。

最後に作成をクリックすると、アプリが作成されます。

コレクトアプリを便利に活用するための設定をする

01.合計・小計が表示される設定をする

コレクトアプリの編集画面から、設定>集計設定を開きます。

合計・小計を設定する画面に遷移するので、それぞれ設定を行います。

最後に適用をクリックすると反映されます。

02.検索の設定をする

コレクトアプリの編集画面から検索設定を開き、検索方法を指定して更新します。

コレクトアプリが完成しました

それぞれに更新される営業1課と2課のデータを、コレクトアプリ「営業部売上集計」で検索し活用することができます。

コレクトアプリを使った業務の流れ

各部門の担当者(複数)
売上をそれぞれのアプリに入力
営業部長
コレクトアプリで、営業部全体の売り上げを閲覧・活用する

コレクトアプリの操作

閲覧したい期間を設定の上、検索できます。

詳しい使い方を見る

より詳しい説明は以下のページをご覧ください。