機能紹介

ソフトウェア
配布

機能アップデートや大容量セキュリティパッチを効率よく配信したい
ソフトウェア配布

PCへソフトウェアのインストーラ、スクリプト等を配布し、権限を付与して実行することができます。 ソフトウェアのインストールの他、ファイルの転送やアンインストールも可能です。 結果はサーバで一元管理し、配布状況や実行状況に応じて再度配布することができます。 Windows10の機能アップデート(FeatureUpdate)などサイズが大きいファイルも独自の配信機構により業務ネットワークへの負荷を抑えて配布できます。

◆ソフトウエア配布

ソフト配布情報登録

ポイント1

ソフトウェアを配布する対象は検索結果によりPCを指定する方法と条件を指定する方法から目的に応じて選択することができます。 配布するタイミングは即時以外に曜日や時間帯が指定できる他、指定した期間内で分散するなど柔軟なスケジュール設定が可能です。

ソフト配布実施状況検索

ポイント2

配布した結果はリアルタイムにサーバに送られ、常に最新の進捗状況を確認できます。配布や実行に失敗した場合はPC毎に進捗と失敗した原因を調べることができます。さらに簡単な操作で失敗したPCに対して再配布することも可能です。

新しい配信機構

ポイント3

エージェントを親子関係に設定して2段階で配信する中継型プル式とキャッシュしたファイルをP-P配信するシェア型プル式により、中継サーバを立てることなく、ネットワーク負荷を抑えて効率良く配布することができます。サーバと直接通信できない/させたくないセキュア環境下のPCに対してもファイルを中継して配布することが可能です。

使用者に表示されるアクション選択メッセージ

ポイント4

Windows10の機能アップデート(FeatureUpdate)を配布して更新することができます。ISOイメージファイルをネットワークに優しく配信し、マウントしてインストールできます。さらにPCの利用者へ繰り返し更新を促し、任意のタイミングで更新できるなど、業務への影響を軽減する機能を備えています。

ソフトウェア配布