IPアドレス管理とは?

企業におけるIPアドレス管理とは、社内のPC・サーバ・ルータなどの機器が使用しているIPアドレスを把握・管理することを指します。

ITの進化に伴い企業ITインフラは変化し、ネットワークの利用形態は大きく変わりました。DHCPや無線LAN、VPNなどネットワークの利用シーンに応じてPCが使用するIPアドレスは刻々と変化します。これらのIPアドレスの使用状況を的確に把握・管理することは、万一問題が発生した際の追跡や対策に役立ちます。

IPアドレス管理で解決できること

リアルタイム・自動でIPアドレス利用状況を管理

MCoreのIPアドレス管理はPCが使用するIPアドレスの変化を監視し、サーバでその履歴を一元管理します。大量の機器を扱う場合でも、セキュリティ対策などIT時代に対応した動的なIT資産管理を実現します。

従来はExcelなどで管理していたIPアドレスの情報を自動で抽出し、まとめられます。「IPアドレスの変化をリアルタイムに反映できない」「IPアドレスが変わるたびに管理表を更新する手間がかかる」といった課題を解決します。

また、固定IPアドレスの割当状況の管理や空きIPアドレスの検索なども可能です。さらに、ディスカバリ機能(探索機能)がオンラインのIT資産を自動で検出し、利用状況を監視します。

IPアドレス管理の使い方

MCoreのIPアドレス管理機能の使い方を紹介します。

IPアドレス利用履歴の確認

使用中のIPアドレスをリアルタイムに確認できるよう、PCで変更されたIPアドレスをサーバへ送信します。また、どのPCがどのIPアドレスをいつからいつまで使用していたか、その履歴をサーバで集中管理します。

管理者がいざPCへアクセスしたい時に接続できない問題を減らせます。さらに、情報漏えいなどの問題が発生した時も、発生時に使用していたIPアドレスから問題のPCを簡単に特定できます。

IPアドレス利用履歴一覧

IT資産を自動で検出

MCoreには自動でIT資産を検出するIT資産ディスカバリ機能(探索機能)があります。指定したネットワークに接続するIT資産を自動で検出し、機器の種類を判別してサーバに登録します。さらに検出したIT資産を定期的に監視し、IPアドレスの使用状況を管理します。

資産情報一覧

IPアドレスの割り当て・使用状況を可視化

固定IPアドレスの割当管理やDHCPの管理が可能です。登録したネットワークごとに固定アドレスの割当状況やDHCPの使用状況を可視化し、色別表示したマップ一覧で一目で把握できます。しばらく使用されていないIPアドレスを検出できる他、エージェントがインストールされていないPCも確認することができます。

IPアドレスの割り当て・使用状況を可視化

検疫不要な機器を自動でリスト化

MCoreのネットワーク検疫機能と連動して利用できます。ヘルスチェックをし、新たに検出したネットワーク機器やプリンターなど検疫を必要としない機器を、ホワイトリスト(許可リスト)に自動で登録できます。

IPアドレス情報マップ

このページに関するセミナーも開催しています

IT資産管理/セキュリティ管理統合システム「MCore」紹介ウェビナー
受付中
2024年05月21日 14:00-15:00
オンライン
MCore体験セミナー MCoreで実現するセキュリティ対策
受付中
定期開催
東京/大阪

簡単な製品説明や見積りのみご希望の場合も
気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

具体的な導入のご相談はもちろん、簡単な製品紹介も承ります。お気軽にご相談ください。

担当者に製品の説明を聞く

資料請求

MCoreの詳しい製品情報や、活用事例をまとめた資料を無料でご覧いただけます。

製品資料を請求する

MCore体験セミナー

東京・大阪を中心に、MCoreを体験できるハンズオンセミナーを開催しています。

無料体験セミナーに申し込む

こんなページも読まれています