機能紹介

ソフトウェア資産の管理と運用を最適化する
ソフトウェア資産管理(SAM)

ソフトウェア資産管理(SAM)は企業内のPCやサーバにインストールして利用しているソフトウェアやアプリケーションを適切に管理することです。どのPCでどのソフトウェアをどのライセンスで利用しているかを正確に管理することによりライセンス違反や可用性の欠如といったリスクの低減や不必要なライセンス投資を抑えるといったコストの低減を図ることができます。MCoreはソフトウェア資産を適正に管理するために必要な5つの台帳(ハードウェア管理台帳、ソフトウェア管理台帳、インストール管理台帳、ライセンス管理台帳、部材管理台帳)を備えており、企業のソフトウェア資産管理(SAM)を強力に支援します。