ソフトウェア辞書とは?

ソフトウェア辞書(SAMACソフトウェア辞書)は、一般財団法人IT資産管理評価認定協会「SAMAC」が提供する、ソフトウェアのマスターデータベースです。有償ソフトウェアからフリーウェア、ドライバまで120,000種類(2016年3月時点)以上のソフトウェア情報を含んでいます。

MCoreのソフトウェアカタログとソフトウェア辞書を連携することで、企業のソフトウェア資産管理(SAM)を効率的にサポートすることが可能です。

ソフトウェア辞書で解決できること

ソフトウェア辞書を活用してライセンス管理すべきソフトウェアを識別

ソフトウェア辞書をインポートすることで、MCoreが自動生成するソフトウェアカタログに、ソフトウェア種別などソフトウェア資産管理に役立つ管理項目を追加、補完します。 ソフトウェアの有償/無償を識別して、ライセンス管理を実施すべきソフトウェアを選別するなど、ソフトウェア資産の管理を効率的に行うことができます。

ソフト識別名情報画面

グルーピング機能でソフトウェアカタログを常に最新の状態に

MCoreのグルーピング機能では、異なる環境にインストールした際に発生する名前のゆらぎや、バージョンアップでソフトウェアが変わる場合も、同一のソフトウェアとして自動でソフトウェアカタログに反映します。常にソフトウェアカタログを最新の状態に維持できるので、ソフトウェア資産を一元管理するうえで役立ちます。

ソフト識別名情報のグルーピング機能

このページに関するセミナーも開催しています

IT資産管理/セキュリティ管理統合システム「MCore」紹介ウェビナー
受付中
2024年05月21日 14:00-15:00
オンライン
MCore体験セミナー MCoreで実現するセキュリティ対策
受付中
定期開催
東京/大阪

簡単な製品説明や見積りのみご希望の場合も
気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

具体的な導入のご相談はもちろん、簡単な製品紹介も承ります。お気軽にご相談ください。

担当者に製品の説明を聞く

資料請求

MCoreの詳しい製品情報や、活用事例をまとめた資料を無料でご覧いただけます。

製品資料を請求する

MCore体験セミナー

東京・大阪を中心に、MCoreを体験できるハンズオンセミナーを開催しています。

無料体験セミナーに申し込む

こんなページも読まれています