機能紹介

ソフトウェア
資産管理

ソフトウェアの導入状況や使用状況を把握する
インストールソフトウェア管理

PCやサーバで利用しているソフトウェアやアプリケーションの情報を収集し、無形資産であるソフトウェアのインストール状況を見える化して視覚的に管理できます。さらに過去にインストールしていたソフトウェアも管理する、インストール実績と使用ライセンスを紐付けて管理するなど、ソフトウェア資産管理に必要なソフトウェアのインストール状況や使用状況を正確に把握・管理する機能を有しています。

◆インストールソフトウェア管理

ポイント1

ソフトウェアのインストール情報から使用しているソフトウェアを抽出し、カタログを自動で生成します。名前の異なる同一ソフトを1つにまとめる名寄せ機能や不要な情報を除外するフィルタ機能を有する他、カタログにSAMACソフトウェア辞書をインポートして有償/無償を判別することもできます。

ポイント2

ソフトウェア資産を効率良く管理するために資産管理番号など任意で設定する管理項目を用意しています。管理者は必要に応じて棚卸しの目的で管理者が登録した情報を利用者に確認させたり、アンケートの目的で利用者に対してシリアル番号などのライセンス情報を入力させたりすることができます。

ポイント3

アンインストールされたソフトウェアの情報も履歴で管理することができ、過去に使用していたソフトウェアを把握することができます。また、インストール情報を持たないファイル実行型のソフトウェア等も収集してインストール情報と合わせて管理することが可能です。

ポイント4

インストール情報(導入実績)と実際に適用しているライセンス情報(購入実績)を紐付けて管理することが可能です。一部のライセンス監査やダウングレード権を使用する場合に必要になるどのPCでどのライセンスを割り当てて使用しているかを正確に把握することができます。