課題解決強固なセキュリティ対策をしたい

デバイス制御により
不正なデータの持ち出しを防ぎたい

USBメモリなどのデバイス制御が
できないと
重要データの持ち出しなど
リスクを多く抱えます

  • イメージ図 私物のUSBメモリが
    持ち込まれているかもしれない
  • イメージ図 情報漏洩のリスクはあるが
    業務効率は下げたくない
  • イメージ図 貸し出したUSBメモリを
    紛失するリスクがある

USBメモリやSDカード、ポータブルハードディスクなどの外部デバイス(外部記憶媒体)は安価で容量の大きいものが出回るようになりました。サイズがコンパクトで大容量のデータを扱えるため、利便性が高く業務優先で運用されています。便利な反面、年々情報漏洩の件数、被害額は大きくなり、紛失や盗難のリスクも高くなってきています。
そのためデバイスを誰がどこで使用したかを把握し管理、運用することが必要です。

MCoreではUSBメモリをはじめとした外部デバイスを
安全に運用するための機能を揃えています

重要データの持ち出しを防ぐためには、企業が支給するデバイスを暗号化機能を持つものにする、貸し出しているデバイス以外は使用禁止や書き込み禁止など利用を制限する制御を行う必要があります。管理者には1本1本誰がどこで使用したかを把握し、より安心でより安全に管理、運用することが求められます。MCoreでは外部デバイスをただ制御するだけでなく、外部デバイスを安心かつ安全に運用するために有用な機能を揃えています。

デバイス制御に役立つ
MCoreの機能

  • デバイス管理
    デバイス管理

    外部デバイス制御

    MCoreの外部デバイス制御機能はPCに接続したデバイスの情報を自動収集し資産として管理、指定したデバイスのみ使用を許可できます。さらに申請機能や持ち出しファイルの管理、定期的な所持確認など業務で外部デバイスを運用するために必要な機能が充実しています。

    外部デバイス制御の機能について