住友電工情報システム
情報共有ツールから業務システムまで、長期に安心して利用できる
部品組み立て型ローコード開発プラットフォーム
楽々Framework3
ITトレンド年間ランキング2020 超高速開発ツール 第1位
閉じる
ITトレンドランキング2020 超高速開発ツール 第1位 IT製品の比較・資料請求サイト「ITトレンド」で、2020年最も支持された"超高速開発ツール"1位を獲得しました。
閉じる
ホーム > ローコード開発プラットフォーム 楽々Framework3 > 選ばれる理由一覧 > モダナイゼーションに最適解

モダナイゼーション

長年使われ続けた基幹システムは、課題·問題が多々ありつつも手出しできない老朽化したシステムになっていませんか?

楽々Framework3なら古いシステムのデータベースを自動解析してその定義情報が流用でき、基幹システム開発に従事していたホスト技術者も業務の見直しを行った上で、標準的な動作を行うWebシステムへ再構築(リビルド)が可能です。

また、最新の非機能要件を備え、基幹システムリビルドの実績が多い楽々Framework3が、そのシステムを近代化いたします。

情報共有ツールから業務システムまで、長期に安心して
利用できる部品組み立て型ローコード開発プラットフォーム
楽々Framework3
ページの先頭へ