住友電工情報システム
AIで「探し方」改革! 全文検索・情報活用システム 検索エンジン パッケージ市場で2年連続シェア1位(富士キメラ総研調べ) QuickSolution
ホーム > QuickSolution > 検索技術一覧 > 検索技術:セマンティック検索

セマンティック検索

検索文(自然言語)の意味を理解し、その意味に沿った検索結果を提供するセマンティック検索技術。利用者の意図・目的に合った検索結果を得ることができる検索技術の一部をご紹介します。

セマンティック検索とは?

セマンティック検索とは、検索文の意味を理解しその意味に沿った検索結果を提供する技術です。

QuickSolutionのセマンティック検索には以下の3つの特長があります。

(1)検索文(自然言語)の意味を理解
構文解析/意味解析を実施
(2)意味に沿う結果を高速に抽出
あいまい検索をさらに高度化し、検索文の意味に沿った検索結果を優先表示
(3)検索文の表現揺れに強い
動詞の類義語や活用形は同等の意味として扱う(例:抑制する、抑制します、抑えます)

セマンティック検索は、利用者の意図・目的に沿った検索が可能なため、検索効率の向上が期待できます。

セマンティック検索イメージ

セマンティック検索の例

セマンティック検索イメージ

「プランターで野菜を育てるには?」という検索文でセマンティック検索した場合を例に挙げています。
セマンティック検索を行うと、①のように、検索文と意味が近い表現を含むファイルが上位に表示されます。また、「育てる」の同義語として「栽培する」が挙げられるため、「野菜を栽培する」という表現でヒットしていることがわかります。
一方で、②のファイルには、①のファイルより多くのヒット箇所があるのですが、「畑で野菜を育てる」という内容のファイルで、検索文の意味から遠いため下位に表示されます。
さらに、③のように検索にヒットした箇所の周辺に頻出する表現を「関連する表現」として抽出・表示します。これによって、利用者に別の条件での再検索を促し(気付き支援)ます。ワンクリックで再検索できるので、探している情報へのアクセス効率を高めます。

セマンティック検索とあいまい検索の違い

QuickSolutionには、セマンティック検索と同じく、表記揺れを吸収し自然文での検索が可能なあいまい検索があります。

あいまい検索では、検索文を分解した各部分文字列の「出現頻度」や「出現集中度」に加え、その文字列の出現する位置も考慮してスコアを算出します(スコア算出の詳細についてはあいまい検索をご参照ください)。検索に有効な部分文字列を文書の特定箇所に多く含むデータが高スコアとなりやすいため、利用者が意図したものが検索結果の上位に現れないというケースもあります。
一方、セマンティック検索では、あいまい検索の利点を引き継ぎながら、さらに構文解析/意味解析も行うことで、検索文の意味により近いものを検索結果の上位に表示することが可能です。また、構文的・意味的に近くないデータは有用でないと判断し低スコアとなります。

ページの先頭へ