住友電工情報システム
AIで「探し方」改革! 全文検索・情報活用システム 検索エンジン パッケージ市場で2年連続シェア1位(富士キメラ総研調べ) QuickSolution
ホーム > 製品情報 > QuickSolution > 活用・導入事例一覧 > 活用事例一覧 > 活用事例:働き方改革

働き方改革

働き方改革

近年、目にすることの多くなった「働き方改革」。
働き方改革は、一億総活躍社会の実現に向けて厚生労働省が中心となって推進しており、その動きが広まりつつあります。
働き方改革の取り組みが重要視される背景には、労働人口の減少、長時間労働、少子高齢化、低い労働生産性などがあります。労働力人口は近年急激に減少し続けており、今後もそのペースは加速していくといわれています。そうした中で、ワーク・ライフ・バランスの実現による労働力の確保が急務になっていることがあります。この労働力不足の解消には、女性や高齢者の就業促進、出生率の上昇(将来の働き手の増加)、生産性向上が挙げられますが、多くの企業がとりわけ注目している課題は生産性向上ではないでしょうか?

生産性が売上げやコストに直接的に結びつく製造業では、従来から積極的に生産性向上に取り組んで成果を上げていますが、ホワイトカラーについては生産性の評価自体が難しいなどの要因から、対応策すら打ち出せていない企業が多いのが現状です。
労働力不足により長時間労働を余儀なくされ業務効率が悪化する、という負の連鎖を断ち切りホワイトカラーの生産性を改善することが、企業の競争力を高める上でも重要になってきています。
「会社から働き方改革を推進せよ!と言われたものの、何から手を付けていいか分からない」という声もよく聞かれます。そのお悩み解決のヒントを以下の項でご紹介します。

情報検索の効率化

ホワイトカラーの生産性を向上させ働き方改革を実現するために、具体的に何をすればいいのでしょうか? ここでは業務における情報検索の問題点について触れたいと思います。
企業内には膨大な情報が蓄積されており、そこから自分の欲しい情報を探し出すのは容易なことではありません。一説には、就業時間の約3割を情報検索に費やしている、とも言われています。
職場で以下の事例のような経験をされた方も多いのではないでしょうか?

  • 複数台のファイルサーバやデータベースにグループウェア。情報の保管先が多過ぎるので探すことを諦めてしまった。
  • 参考にしたい書類がファイルサーバにあるのは分かっているがファイル名を覚えていない。ファイルの中身を検索できれば見つけられるのに。
  • 前任者が残した業務ノウハウを記載したファイルがどこにあるか分からず、後任者への技術伝承が不十分になっている。
  • 企業内の情報共有が不十分で知的資産が有効活用されていないことがイノベーションの阻害要因になっている。

このような問題を解決し効率的に欲しい情報を見つけるには、高性能な検索ソフトの導入が欠かせません。QuickSolutionは情報検索の効率化の面から働き方改革をサポートいたします。

QuickSolutionと働き方改革

QuickSolutionを活用することで、以下のように情報検索を効率化でき、働き方改革へと繋がっていきます。
なお、QuickSolution導入の成功事例はこちらからご確認いただけます。

超高速・高精度な検索による時短効果

QuickSolutionは超高速かつ高精度な検索を実現しており、これまで情報検索に費やしていたムダな時間を大幅に短縮することが可能です。これにより、知的で創造的な業務に時間を割り当てることができるようになります。

ナレッジマネジメント

個人の知⇒企業の知として活用する(ナレッジマネジメント)ためには高性能な検索システムが必要です。
QuickSolutionは、大量の情報から目的の情報をピンポイントで探し出す検索精度が高く、漏れのない信頼性の高い検索結果を得ることができます。また、文字入力の必要がなくクリックだけで目的の情報を検索できるClick Naviは、パソコン操作が苦手な方や、業務経験が浅く検索するキーワードが思いつかない新入社員の方でも簡単にご利用いただけるため、企業内での知識格差の解消につながります。

ページの先頭へ