住友電工情報システム
ホーム > ニュース一覧 > 全文検索・情報活用システム「QuickSolution 11」を販売開始 ~AIで日本語の意味を理解して検索/AIが検索条件候補を自動提示~

ニュースリリース

全文検索・情報活用システム
「QuickSolution 11」を販売開始

~AIで日本語の意味を理解して検索/AIが検索条件候補を自動提示~

2018年9月18日
住友電工情報システム株式会社

住友電工情報システム株式会社は、AIを活用し日本語の意味を理解した検索ができる新機能「セマンティック検索」を搭載し、さらにクリックだけで情報探しができる「Click Navi(クリックナビ)」にAIが検索履歴などを分析して検索条件(カテゴリ)の候補を自動提示する機能を搭載した、全文検索・情報活用システム「QuickSolution(クイックソリューション)11」を9月3日より販売開始しました。

セマンティック検索について:
https://www.sei-info.co.jp/quicksolution/technology/semantic-search.html
Click Naviについて:
https://www.sei-info.co.jp/quicksolution/functions/click-navi.html

2年連続シェアNo.1の全文検索・情報活用システム「QuickSolution」は、数100TB(テラバイト)の規模までフルレンジ対応した、純国産のエンタープライズサーチです。超高速、高精度に検索ができ、2001年の発売以来、業種を問わず数多くのお客様に導入いただいています。

「QuickSolution 11(Ver.11.0)」は、AIで検索文の意味を理解した検索ができる新機能「セマンティック検索」を搭載しました。利用者の文書検索の手間を軽減することで、社内での情報共有や、さらには新しいアイデアの創出(イノベーション)を促進します。さらに、クリックだけで目的の文書にたどり着ける新発想の機能「Click Navi(クリックナビ)」においては、AIが検索履歴やコンテンツを自動収集・分析し、カテゴリ(検索条件)設定時に候補を自動提示するようになりました。

セマンティック検索の解説図

【セマンティック検索の解説図】

「QuickSolution Ver.11.0」の主な機能、変更点は、下記のとおりです。

1. 検索に関する機能強化

(1)セマンティック検索(AI検索)

自然文で入力された検索文を独自のAIが構文解析・意味解析し、検索文の意味に沿った検索結果を優先表示します。主語や述語などの係り受け、肯定文と否定文の違い、動詞の同義語などを考慮し、利用者が求めている検索結果をピンポイントに表示することができます。また、検索にヒットした文の周辺に頻出する表現を「関連する表現」として抽出・表示します。これによって、利用者に別の条件での再検索を促し(気付き支援)、探している情報へのアクセス効率を高めます。

プレスリリース https://www.sei-info.co.jp/news/news_qs20180830.html

(2)キーワード抽出の精度改善

AIを用いて文書からキーワードを抽出する処理において、抽出されるキーワードの精度を改善しました。これにより、検索画面やClick Naviにおいて、従来よりも有用性の高い絞り込みキーワードが表示されるようになりました。

2. Click Naviに関する機能強化

(1)カテゴリエディタ

Click Naviのカテゴリ設定を専用の画面(カテゴリエディタ)から行えるようになりました。直観的なインターフェースで容易にカテゴリの設定ができるようになっただけでなく、作成したカテゴリの検索結果を画面で確認できるため効率的に有用なカテゴリを設定できます。

(2)カテゴリ候補の自動提示

カテゴリエディタを用いたカテゴリ設定では、AIによってカテゴリ候補が自動的に提示されます。検索履歴やコンテンツを自動で分類・階層化した結果をもとに提示される候補を活用することで対話的なカテゴリ設定が可能となり、情報探しの効率化と技術伝承を促進します。

3. 検索対象に関する機能強化

(1)権限継承プラグイン(検索対象の拡張)

これまでQuickSolutionが連携していなかった製品・サービスや独自システムでも、参照権限を考慮した検索が可能になりました。検索対象データと権限情報をCSV等の所定の形式で格納しておくことで、製品付属の標準プラグインにより、設定だけで権限を考慮した検索が可能になりました。
所定の形式でない場合(例:参照権限のチェックは外部APIに移譲しているケース)でもプラグイン部分だけを個別に開発することによって、どのような製品やシステムとも自由に連携できるようになります。

(2)SQL Server 2017 対応

RDB 連携の検索対象データとして SQL Server 2017 に対応しました。

記念セミナーを開催します。

QuickSolution Ver.11.0の発売を記念して、『AIで「探し方」改革! 業務改善&情報活用セミナー』を開催します。
「セマンティック検索」によって、社内の情報検索がいかに簡単になるかをご覧いただけるほか、ピンポイントに必要な情報にたどり着き活用する方法や、クリックするだけで目的の情報にたどり着ける新発想の機能「Click Navi」についてもご紹介します。
参加費は無料で、専門的な知識も不要です。技術伝承に課題をお持ちの方、働き方改革を進めたい方、社内に埋没した情報を活用して業務改善を進めたい方は、ぜひご参加ください。

  • 【東京】 10月18日
  • 【大阪】 10月25日 各日15:00~17:00 (14:30受付開始)
  • 【名古屋】10月30日

セミナー詳細・申込URL:
https://www.sei-info.co.jp/event/seminar201810qs.html

当社は今後もますます需要が見込まれるエンタープライズサーチの市場において、AIで「探し方」改革!をキーワードに、時代のニーズを先取りした製品開発に取り組んでまいります。

【補足資料】

QuickSolutionの主な特長

(1) 圧倒的なスケーラビリティ:
1サーバで50TB 1億2千万ファイルを検索、分散検索による拡張性
(2) 高速・高精度:
検索漏れなく重要文書を上位表示、高速セキュア検索
(3) 多彩な検索対象:
ファイルサーバ(Isilon、NetApp等も含む)、Webサイト、Notes、データベース、Office 365、ArcSuite Engineering 等の横断検索
(4) 高機能ビューワ:
サムネイル/ビューワでヒットページをダイレクト表示、ヒット箇所をハイライト
(5) 整理・分類・活用:
お気に入り/共有タグで整理・分類、Know-Who/スマートパネル/可視化で活用
(6) Click Navi:
クリックだけで情報探し! 技術伝承を強力に支援
(7) 安心・簡単運用:
充実の権限管理でセキュリティも万全。辞書メンテナンス不要
(8) 豊富な稼働環境:
スマホ/タブレットからの利用、クラウド、仮想環境での運用、多言語対応
(9) システム連携:
純国産・豊富なAPI、他システムとのシームレスな連携

QuickSolution 最新のリリース情報のWebサイト

https://www.sei-info.co.jp/quicksolution/spec/release.html

QuickSolution のWebサイト

https://www.sei-info.co.jp/quicksolution/

登録商標について

  • QuickSolutionは、住友電気工業株式会社の登録商標です。
  • Click Naviは、住友電工情報システム株式会社の登録商標です。
  • Office 365は、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • ISILONは、米国EMC Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • NetAppは、米国NetApp, Inc.の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • Notesは、米国IBM Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。

会社情報

住友電工情報システム株式会社の概要

設立1998年10月1日
資本金4.8億円
従業員数 500人
代表者代表取締役社長 奈良橋 三郎
本社所在地大阪市淀川区宮原3-4-30 (ニッセイ新大阪ビル)
事業内容各種業務用ソフトウエアの開発・販売・保守、
パッケージ・ソフトの開発・販売・保守他

お問い合わせ

<製品に関するお問い合わせ先>

住友電工情報システム株式会社
ビジネスソリューション事業本部 システム営業部TEL: 03-6406-2840
西日本システム営業部TEL: 06-6394-6731
Email:qs-visitor@sei-info.co.jp

<本件に関するお問い合わせ先>

住友電工情報システム株式会社
ビジネスソリューション事業本部 マーケティング室TEL: 06-6394-6754
FAX: 06-6394-6759
Email:mkt@sei-info.co.jp http://www.sei-info.co.jp
ページの先頭へ