住友電工情報システム
AIで「探し方」改革! 全文検索・情報活用システム 検索エンジン パッケージ市場で3年連続シェア1位(富士キメラ総研調べ) QuickSolution
閉じる
ホーム > QuickSolution > 導入について > 導入について:最新リリース情報

最新リリース情報

QuickSolution の最新バージョンのリリース情報をご紹介します。

QuickSolution Ver.11.4.0
(リリース日:2020/08/25)

Ver.11.3からVer.11.4.0における、主な変更点(機能の追加や改善、動作環境の変更など)について下記に示します。

1.検索対象の拡充

(1)楽々WorkflowII連携(オプション)
検索可能なデータの種類として、電子承認・電子決裁システム 楽々WorkflowIIに対応しました。楽々WorkflowIIに保存された申請書とそれに添付された文書ファイルに対して、ユーザの参照権限を継承した超高速・高精度な全文検索が可能です。社内のファイルサーバやWebサイトなどとの横断的な検索だけでなく、AIにより検索文の意味を理解するセマンティック検索やクリックだけで情報探しができるClick Naviによって、情報活用がより一層促進できます。本機能は拡張ライセンスで利用できます。
(2)暗号化ファイル連携(オプション)
株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトが提供する「ファイル情報漏えい防止システム」と連携し、ファイルサーバ上の暗号化されたファイルを検索できるようになりました。AIを活用した超高速・高精度の全文検索が可能で、暗号化ファイルも含めて何がどこにあるかを意識せずに検索・活用できます。本機能は拡張ライセンスで利用できます。
(3)Box連携の強化(オプション)
Box連携において、新しい差分更新方式を追加しました。Box全体の容量が大きい環境などでは、従来の方式と比較して差分更新時間の短縮が可能です。運用環境に応じて差分更新方式を選択できます。
(4)画像ファイル文字検索
ファイルサーバ検索において、画像の中の文字情報をOCR(光学文字認識)処理により抽出し、全文検索できるようになりました。本機能はWindows版で利用できます。
(5)DocuWorks 9対応
検索対象データとしてDocuWorks 9に対応しました。
(6)SQL Server 2019対応
RDB連携の検索対象データとしてSQL Server 2019に対応しました。
(7)PostgreSQL 12.3対応
RDB連携の検索対象データとしてPostgreSQL 12.3に対応しました。
(8)Notes / Domino 11対応(オプション)
検索対象データとしてNotes / Domino 11に対応しました。
(9)SharePoint Server連携の強化(オプション)
SharePoint Server連携において、取込済ACL方式の権限継承に対応しました。従来のリアルタイム方式より検索時間を短縮できます。

2.AI/分析に関する機能強化

(1)文書分類/文書クラスタリングの機能強化(オプション)
文書分類機能に再学習機能(分類結果の誤りを修正しフィードバックを与えることで分類器の精度を向上させる機能)を追加しました。また、文書クラスタリングの結果からシームレスに分類器を作成できるようになりました。これらの対応により、データの分類がより一層行いやすくなります。

3.Click Naviに関する機能強化

(1)共有タグによるカテゴリの自動生成(拡張ライセンス)
検索対象内のデータに付与された共有タグをもとに、Click Naviで使用できるカテゴリを自動生成する機能を追加しました。文書分類/文書クラスタリング機能などで付与した共有タグを、Click Naviのカテゴリとして活用できます。
(2)絞込キーワードの改善(拡張ライセンス)
Click Naviにおける絞込キーワードに表示される内容を改善しました。利用者の手入力による検索キーワードを分析・学習することで、従来よりも有用な絞込キーワードを提示します。

4.稼働環境に関する変更

(1)Amazon Corretto 対応
QSサーバのJavaの稼働環境をAmazon Corretto 11に変更しました(OracleJDK 11にも対応)。
ページの先頭へ