MCoreが選ばれる6つの理由理由3.コスト低減・負担軽減

管理にかかる費用と手間を減らす他、
一般社員様の負担軽減も実現します

使い続けることで追加コストが発生したり、使うたびに手間や時間がかかるようなシステムなら、やがてメリットよりもデメリットのほうが大きくなります。MCoreは、システム拡張時の追加コストの発生がなく、ネットワークの負荷を高めて業務を妨げるといったこともありません。MCoreは、コスト低減と負担軽減に貢献するIT資産管理システムです。

理由3. コスト低減・負担軽減 イメージ図

コスト低減

ストをかけずにシステム拡張が可能な1サーバ・1エージェント設計

1サーバ・1エージェント設計のMCoreは、初回導入時の1インストールのみで管理・運用できます。日々のサーバのバックアップやバージョンアップの負担も抑えられます。機能追加などシステムを拡張する場合も必要になるのはライセンスの入れ替えのみ。クライアントPCへの追加展開は一切不要で、コストを抑えた運用が可能です。

管理者様の負担軽減

高速大容量検索エンジンが、ログ監査の時間的ロスを排除

MCoreは1サーバで約10億件という膨大な数のログ収集・長期保存が可能です。さらに、膨大なログから必要な時に素早く調査・分析するために、億単位のログをわずか数秒で検索できる独自開発の検索エンジン「QuickSolution」を標準で搭載。集めたログをしっかり活用できます。

部脅威の見える化と対策を自動で推進

管理者様の大きな負担となる「内部脅威対策」についても、MCoreを利用して自動化することができます。MCoreの検疫システムには、外から持ち込まれた不正利用PCの検知・遮断だけでなく、企業内で利用を許可されているPCについてもルールに違反した不正PCの隔離と是正を促すしくみが備わっています。ポリシーの作成・設定は自社のルールに合わせて柔軟に行うことができ、頻繁に変更が必要なポリシーはシステムが毎日自動で更新するなど、内部統制に関する負担を軽減しながら企業内のPCをあるべき資産状態へ導きます。

PC利用者様の負担軽減

務を圧迫しないメモリ使用量。バージョンアップは自動で実行

MCoreエージェントはその存在を感じさせない業界トップクラスのコンパクト設計。そのメモリ使用量は3~7MB程度と軽く、業務を圧迫することはありません。また、モジュールや設定ファイルは自動で最新にバージョンアップされるため、管理者様はもちろん、PCを利用をする社員様の負担軽減にもつながります。

ットワークに負荷をかけないしくみで業務をスムーズに

拠点に点在するPCを管理する場合、一般的な管理システムでは中継サーバやモジュールを必要と しますが、MCoreはエージェントを親子関係に設定することにより中継サーバを立てたり特別な モジュールを利用したりすることなくネットワーク負荷を抑えた管理が可能です。 PC情報や操作ログはスケジュールを分散してネットワークに優しくサーバへ送り届け、多拠点かつ 細い回線の先にあるPCに対しても高い収集率を誇ります。
さらに、ファイルサイズが大きいWindows10の機能アップデートもネットワーク負荷を抑えて 配信・適用するしくみを有しています。 ネットワークが混み合って業務に支障が出るなどの心配はありません。