住友電工情報システム
閉じる
ITトレンド上半期ランキング2021 超高速開発ツール 第1位 IT製品の比較・資料請求サイト「ITトレンド」で、2021年上半期最も支持された"超高速開発ツール"1位を獲得しました。
閉じる
ホーム > ローコード開発プラットフォーム 楽々Framework3 > 選ばれる理由一覧 > 超上流にリソースを配分

超上流

楽々Framework3は、システム開発の生産性/保守性を向上させるためコーディングを極力排除し、ブラウザを利用したGUI画面を利用して、設定変更により開発を進めます。
Web技術やJavaコーディング技術などのスキルがまだ乏しい新人が作っても、ベテランが作ってもシステムの業務知識があればあっという間に実用的なシステムが出来上がります。

そのため、製造工程に従事していたベテランは要求定義や要件定義など、より高度な上流工程に専念して、動くシステムを作るところは若手に任せ、チームで分業することにより最大限の効果を発揮できます。


情報共有ツールから業務システムまで、長期に安心して
利用できる部品組み立て型ローコード開発プラットフォーム
楽々Framework3
ページの先頭へ