住友電工情報システム

情報共有ツールから業務システムまで
長期に安心して利用できる部品組み立て型Webアプリケーション開発基盤
楽々Framework3

ホーム > 製品情報 > 楽々Framework3 > 選ばれる理由 > 選ばれる理由:アジャイル開発

アジャイル開発

アジャイル開発とは?

アジャイル開発とは、1990年代半ばに出現した、いくつかの軽量ソフトウェア開発プロセスの総称です。アジャイル開発が登場する以前は、ウォーターフォールと呼ばれる重量級の開発プロセスが用いられていました。

ウォーターフォールモデルでは、要件定義から設計、プログラム開発、テストといった工程を経て完成品が顧客に納品されていました。この手法の課題は、前工程が完了しないと次工程に進めないため、プロジェクト全体が長期化することや、その間に要求が変わっても後戻りできず、納品後にトラブルとなるケースが考えられます。その結果、満足度の低いシステムや使えないシステムになってしまうこともあります。

このような課題の解決策として、アジャイル開発が用いられます。
アジャイル開発では、開発対象を小さな機能単位に分割し、短い期間で開発を行います。この短い期間の中で設計やプログラム開発、テスト、リリースまでを実施し、このサイクルを繰り返すことで、手戻りを最小限に抑えながら、システムの価値を最大化し、ひいては顧客満足度の高いシステムを開発していきます。

しかし、日本のさらに基幹システム分野にこのアジャイル開発をそのまま適用してもうまくいかないでしょう。それは、日本の契約の問題や、厳格な品質基準、一人で何役もこなすために多能工(フルスタックエンジニア)の人材が要求されるため、普及の足かせとなっています。

ハイブリッドアジャイル!!

そこで、我々が提唱しているのが、日本で主流のウォーターフォールモデルと海外で主流のアジャイル開発のメリットを融合させた「ハイブリッドアジャイル」です。


ハイブリッドアジャイル

既存のウォーターフォールモデルの基本設計から製造、結合テストに楽々Framework3を使ったアジャイル開発を適用するイメージになります。要件定義工程は従来通りですが、曖昧さをある程度許容します。基本設計の始めに要件を「ストーリー」という単位に分割します。イテレーションでは、1つを2週間~4週間の期間として繰り返します。

このイテレーション内で、要件定義で決めた優先順位の変更や要件変更を吸収します。
イテレーション計画では、1回のイテレーションで実施するストーリーを優先度順に選択し、実際のタスクに落とし込みます。実装、テストフェースで楽々Framework3を利用することで、開発生産性を上げ、品質を担保することができ、短期間で高品質な開発イテレーションが可能になります。

また、従来設計のみを担当していたシステムエンジニアも楽々Framework3を利用することで、実装やテストの敷居を下げ設計から実装、テストも行える多能工を実現させます。仕様確認レビューでは、ユーザ向けに成果物を披露する場を設け、振り返りでは、次のイテレーションに向けプロジェクトの進め方に対するF/Bを行います。

総合テストや受入れテストは従来通り日本の厳しい品質基準に沿ったテストを実施します。
ソフトウェア開発に必要でない作業やドキュメントは可能な限り省略しますが、保守に必要となる保守ドキュメントをこのフェーズで生成します。

効果メリット

楽々Framework3を利用してハイブリッドアジャイルを実践することで、次のようなメリットを享受できます。

  • 1.日本の風土にマッチしています
    日本の契約問題や品質の厳格さ、プロジェクト特有の開発標準などがあり、そのままのアジャイルプロセスでは適用が難しい日本の事情にマッチしています。
  • 2.楽々Framework3の機能でアジャイル開発の導入の敷居を下げます
    楽々Framework3を使ったハイブリッドアジャイルであれば、品質面や教育面で、アジャイル開発の適用に不安をお持ちのお客様にも、アジャイル開発を検討するきっかけにしていただけるのではないでしょうか。
  • 3.イテレーションで変更を受け入れシステム価値の最大化を図れます
    要件定義で曖昧さをある程度許容しているため、イテレーション内で使い勝手や機能面の変更要求が受け入れられるようになり、システムの価値が最大化され、ひいては顧客満足度の向上につながります。
業務システム開発のための
部品組み立て型Webアプリケーション開発基盤
楽々Framework3
ページの先頭へ