住友電工情報システム
情報共有ツールから業務システムまで
長期に安心して利用できる部品組み立て型Webアプリケーション開発基盤
楽々Framework3
ホーム > 製品情報 > 楽々Framework3 > かつおの「もっと教えてくれや!」 > 楽々Framework3 で楽々とプログラムを作るで!

かつおの「もっと教えてくれや!」

楽々Framework3 で楽々とプログラムを作るで!

みなさんこんにちは、かつおです。

今回で最終回、お会いできるのも最後です。
長い間ご愛読いただき誠にありがとうございます。
皆様のご期待に応えられるよう精進していきたく思いますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ってなわけで、最終回、始まります。

かつお

今日はいい天気やのぉ。中島くんおはよーさん。
ってあれ、まだ来とらんのか

中島

はぁはぁ、どうにか間に合いました。
おはようございます

かつお

おう、おはようさん。ようやく来たか。
こんなギリギリに珍しいやないか

中島

昨日なかなか寝れなくて、ついつい寝過ごしてしまいました

かつお

なんや、どうせ昨日飲みすぎたんやろ

中島

まぁ そんな感じですね……

かつお

そんな日もあるわな。じゃあ今日も一日がんばるぞい!

中島

はい。がんばるぞい!

キーンコーンカーンコーン

かつお

ふぅ 今日は意外と早く仕事片付いたわ。
中島くんはどうや、順調か

中島

うーん。なかなかですね

かつお

おい、中島くんどうしたんや!?
まぶたがえらい勢いでピクピクしとるぞ!?

中島

えっ、そうですか?
さっきから目に違和感があると思ったら、どうりで……

かつお

顔色もあんまよくないやないけ。今日ははよ帰った方がええんちゃうか

中島

そうしたいんですが、今日中に作らないといけないプログラムがまだあるんです

かつお

そりゃ大変やの。今日は仕事はよ片付いたし、手伝ったろか

中島

いえ、そんなの悪いですよ。
たまにはふぐ本さんも早く帰ってください

かつお

何言っとるんや、困った時はお互い様やろ

中島

うぅ……いいんですか?

かつお

おれに任せろ!

中島

ありがとうございます。じゃあお言葉に甘えさせてもらいます。実はプログラムまだまだあったんです

かつお

おう、じゃあこのプログラムをおれが作ったるわ。
プログラム作成の基本的な流れはこうやったな

プログラム作成の基本的な流れ図
かつお

よしゃ、まずはFD(テーブル情報の定義)からや。
今回はテーブルを新規に作るから、既存のテーブルから逆生成する『テーブル定義逆生成(第1回:RakStudioを使おう!~テーブル定義逆生成ってなんぞや?~)』 やなくて、「テーブル定義/FD」から新規作成やな

かつお

ER図で定義したテーブル構成の通りに、フィールド名や属性を入力してっと

FD(テーブル情報の定義)の図
かつお

よっしゃ、こんなもんか。じゃあ次はプロトタイプの作成や。
定義したテーブル定義情報を基に、ワンクリックで『プロトタイプ生成(第2回:RakStudioを使おう!~プロトタイプを作りたいんや!~)』や!

プロトタイプの作成の図1
プロトタイプの作成の図2
かつお

よーし、いい子だ…… Complete!

中島

それぼくの真似ですか。聞いてたら恥ずかしいのでやめてください

かつお

せやろせやろ。聞いてる側はそんな気持ちなんやぞ。
でもやってみると気持ちいいもんやな。次からも隣に中島くんおる時はやったるわ

中島

もう言うのやめよう……

かつお

ほい、プロトタイプができましたと

プロトタイプの完成の図
かつお

次は、作ったプロトタイプのプログラムを基にパターンの追加やな。たしかこの『パターンの選択(第3回:RakStudioを使おう!~パターンとページは極力いじるな?~)』が肝やったな。
できるだけ要件に合ったパターンを選ぶことで、後からカスタマイズする必要が減って、開発と保守のコストを低減できるわけやな

パターンの追加でコスト低減
かつお

とは言っても、パターン多すぎやろ。どれ選んだらええか分からんようになってきたぞ。
この前選び方教えてもろたけど、忘れてしもたわ

中島

そんな時は『パターンサンプル』を活用したらいいですよ

パターンサンプルの図1
パターンサンプルの図2
かつお

おお、そんなんもあったな。各パターンの動作と設定方法を見れるやつやな。
久々にみたらえらいサンプルの数増えてるやないけ

中島

そうなんですよ。最近続々と増えてますよ。
ここを見るとどんなパターンが要件に近いか実際に試せて便利なんで活用してください

かつお

せやな。最近すぐ忘れるようになってもうたからな。
手軽やし、こっから確認するようにするわ

中島

これで土台ができあがったら、あとは画面やコンポーネント追加、レイアウトの調整ですね

かつお

まずは、画面やコンポーネントの追加や。
これはドラッグ&ドロップでちょちょいのちょいやな

画面やコンポーネントの追加の図1
画面やコンポーネントの追加の図2
かつお

次は画面のレイアウトの調整やな。項目の表示や並びを変更や。
これもマウスカチカチで一瞬やから、勢いにのって各画面どりゃーって設定したるで

中島

ちょっとまったあああ!!!

かつお

どうしたんや。
まぶたピンピクさせながら急に大声だすからビックリしたで

中島

画面毎に設定するんじゃなくて、同じ種類の画面をまとめて共通で設定できる
『共通画面設定(第4回:RakStudioを使おう!~共通画面で作業効率をあげろ!~)』があるんでそれを活用しましょうよ

かつお

おお、そやったそやった。
これで共通設定としてまとめて設定しておいたら、後から変更する時もまとめてできるし二重にお得やったな。得するのは好きやで。
じゃあ ささっと共通設定も使ってレイアウトを整えてまうかいなっと

共通画面設定の図
かつお

よっしゃ、できたで! 
これでもうほぼほぼ要件満たしたわ。もうこれでええやろ。完成や!!

中島

ええ……たしかに要件の九割ぐらいは満たしてますが、あと少し足りないです。
手伝ってもらっておきながら言うのも忍びないですが、あともう少しお願いしますよぉ

かつお

なんや、中島くんは細かいのぉ。
まぁそこまで言うなら分かったわ。今日は中島くん感謝デーやからな

中島

ありがとうございます~
ふぐ本さんの優しさに涙ちょちょぎれます

かつお

後は要件独自の処理の組み込みやな。
まぁこれもロジックを追加するだけやからたいした手間でもないわ

かつお

実行するタイミング、実行する条件、アクション(処理)を決めて、『ロジックとして設定(第5回:RakStudioを使おう! ~ロジックでユーザビリティをあげろ!~)』すればええだけや!
なんも難しいことありしまへんがな

ロジックとして設定の図
かつお

ロジック実行のタイミングを設定する『実行タイミング(第6回:RakStudioを使おう! ~ロジックを使いこなせ!~)』については、
この前中島くんに教えてもろたからもう完璧やで!

中島

さすがふぐ本さんです!

かつお

よっしゃ、これでもう完成や!

中島

あともうちょっと、ちょっとだけ待ってください。
あと数パーセントだけ、どうしてもロジックでは実現できていない要件が残ってます

かつお

はいはい。わかっとるがな。
設定でできない独自の処理部分はプラグインで対応するんやろ。
ここからは早回しで進めるで!

かつお

ちょうどいいオプションやパラメータもなかったから、『プラグインで独自処理を実装(第7回:設定で駄目ならプラグイン!?)』して完成や!
ついでに『動作確認してデバッグ(第8回:デバッグ機能でエラー解決や!)』もしといたるわ!
最後のサービスやで。『構成管理機能(第9回:構成管理で変更履歴を管理や!)』で作ったプログラムをSVNサーバにコミットしといたる!
これでどうや!!!

中島

ふぐ本さん! 完璧です!!!

かつお

せやろせやろ。おれが本気だしたらこんなもんやで。
最後本気出しすぎて疲れたわ。中島くんはもう終わったんか?

中島

うーん。あともう少しですね。
このプログラムが完成したら今日は終わりです

かつお

おお、じゃあ待っといたるわ。せっかくの花金や。飲みにいくでー

中島

えぇ……今日はそんな気分じゃなかったんですけど。
まぶたもピクピクして……ってあれ? 止まってる

かつお

飲みに行くって聞いた瞬間に止まっとったぞ。
はよ終わらせて出発や!

~数時間後~

中島

この店初めてですね。すごいお洒落なバーじゃないですか

かつお

せやろ、とっておきや

中島

でもぼく今日はそんな手持ちないですよ

かつお

大丈夫や。おれ達にはこれがあるやないか

中島

今までのお釣りを貯めてた貯金箱じゃないですか!

かつお

せや。最近何か辛いことでもあったんやろ。今日ぐらいはこれでパーっといこうや!

中島

そうなんです……最近また女の子に振られてしまって

かつお

なんや、そんなことはおれもいくらでもあるで! 失敗を繰り返して人は成長していくんや

中島

でも もうぼくには何もないんです

かつお

何を言っているんや! 君には楽々Frameworkがあるやないか!

中島

はっ、そうだ! 何で忘れてたんだろう……
ぼくには楽々Frameworkがあったんだ!!

かつお

そうや! 楽々Frameworkさえあれば、仕事も恋も楽々や!

かつお
中島

楽々Framework ばんざーい! ばんざーい! ばんざーい!

<終わり>

っということで、今回で最終回、終わりです。
今までご愛読ありがとうございました。
かつおのブログは今回で終わりですが、楽々Framework3はこれからもどんどん進化していきます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

業務システム開発のための
部品組み立て型Webアプリケーション開発基盤
楽々Framework3
ページの先頭へ