企業内ビッグデータの活用

ビッグデータ(Big data)とは

Wikipediaによると、ビッグデータとは、通常のデータベース管理ツールなどで取り扱う事が困難なほど巨大な大きさのデータの集まりのこと。構造化データおよび非構造化データが含まれ、その多様性とサイズのため、格納、検索、共有、分析、可視化などには困難さを伴います。ビッグデータは計算機にとって知識源です。計算機がデータを分析して新たな知識を得るためには、データはむしろ大きくなければならない。ビッグデータだからこそ新たな発見があるかもしれないということです。この膨大なデータを収集・蓄積して分析することで、企業の経営戦略や商品開発に活用することが重要です。

引用:「ビッグデータ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。
2021年10月4日(月) 04:28 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org

QuickSolutionによるビッグデータ活用

ビッグデータを活用するためには、まず情報を収集しなければなりません。そして、収集した情報に対して、高速に検索、整理、分類、分析するためにインデキシングを行います。QuickSolution(QS)はそのために様々な機能を提供しています。

情報収集に関しては、電子化した紙文書から、ファイルサーバ、ノーツ等のグループウェア、DBサーバ、そして、社内外のWebサイトから情報を取得するための各種クローラを備えています。ビッグデータを正しく分析するためには名寄せ、データクレンジングが重要なポイントになります。QSではインデキシングの段階で名寄せを行うことができ、かつ検索・分析時にも名寄せを行うことができます。

検索に関しては、あいまい検索/自然文検索関連語抽出はテキストマイニングのベース技術です。また、高精度検索を実現する位置考慮検索近傍検索等のAPIも提供しています。

整理・分類・分析に関しては、お気に入り/タグ付け、文書管理システム(楽々Document Plus)と連携した整理箱可視化クラスタリングに加えて、クロス集計API、シソーラス自動構築のためのシソーラスビルダKnow-Who、あるいは各種レポート機能を提供しています。

APIあるいはオプションで提供している機能も含めて、QSはビッグデータのためのプラットフォームとして活用して頂けます。

ビッグデータのためのプラットフォームとしてのQuickSolution

このページに関するセミナーも開催しています

「QuickSolution」紹介ウェビナー システムへの検索エンジン組込で競争力強化
受付終了
2024年3月5日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー ナレッジマネジメントのよくある課題と解決法
受付中
2024年3月15日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー テレワークの成功のカギは全文検索にあり
受付中
2024年3月26日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー 企業内検索で業務効率化
受付中
2024年4月5日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー DXを急ぎたいあなたに、検索DXのすゝめ
受付中
2024年4月19日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー システムへの検索エンジン組込で競争力強化
受付中
2024年5月28日 16:00-17:00
オンライン
QuickSolutionの最新バージョンで社内情報活用&業務効率化 体験セミナー
受付終了
毎月開催
東京/大阪/名古屋

各種お役立ち資料もご用意しています

簡単な製品説明や見積りのみご希望の場合も
気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

専門スタッフが製品や導入に関する不安やお悩みにお答えします。

担当者に製品の説明を聞く

資料ダウンロード

QuickSolutionの製品情報の概要や、活用事例をまとめた資料を無料でダウンロードいただけます。

製品資料をダウンロードする

トライアル

トライアル希望の方はこちらからお申し込みください。

トライアルに申し込む

関連するページ