住友電工情報システム
AIで「探し方」改革! 全文検索・情報活用システム 検索エンジン パッケージ市場で3年連続シェア1位(富士キメラ総研調べ) QuickSolution
閉じる
ホーム > QuickSolution > 活用・導入事例一覧 > 活用事例一覧 > 活用事例:ファイルサーバ整理

ファイルサーバ整理

未整理ファイルサーバをQuickSolutionで使いやすく!

ファイルサーバの管理についてのお悩みは、多くの企業にとって長年の課題となっています。
ファイルサーバは多くの従業員が利用するため、以下のような問題が起こりやすいです。

  • 各人が同じファイルを別々に保存・編集するため、類似ファイルや重複ファイルばかり。
  • ファイル分類の為にフォルダを作成した結果、階層が深まり有用なファイルが何処にあるか分からない。
  • 誰が使っているか分からないため、不要ファイルを整理できない。
  • 結果としてファイルサーバは肥大化する一方です。
    容量削減を試みるも思うように整理出来ず、ハードディスクの増設を繰り返し、さらに分かりにくさを助長する、という悪循環から抜け出せなくなります。
    このように使いづらくなってしまったファイルサーバも、以下にご紹介するQuickSolutionの機能により使いやすいファイルサーバへと生まれ変わらせることが出来ます。
    ファイル整理に役立つQuickSolutionの導入で、無駄なコストを削減し、業務の効率化を実現しましょう!

    属性検索機能の活用

    QuickSolutionの属性検索を活用したファイルサーバの整理法をご紹介します。
    図をご覧ください。

    QuickSolutionの属性検索を活用したファイルサーバの整理法

    整理は図のような手順で行います。
    [Step1]では、QuickSolutionの属性検索を使って、不要ファイルの候補を探します。図の例のように整理対象となりそうな属性条件を指定して検索を実施します。
    [Step2]では、[Step1]の検索結果をもとに2つのアプローチでファイルを整理します。
    まずは、検索結果一覧の保存フォルダリンクをクリックして開き、対象ファイルを確認し削除する方法です(その①)。
    もう一つは、検索結果一覧をダウンロードし、その一覧(不要ファイル候補のリスト)をファイルの更新者やファイルサーバ整理の担当者に渡して、整理を指示するという方法です(その②)。

    不要ファイル候補をQuickSolutionの属性検索で洗い出すことで、ファイルサーバ整理を効率的に行うことが出来ます。ぜひ、肥大化したファイルサーバの容量削減にお役立てください。

    類似文書集約機能の活用

    類似文書集約機能は、重複ファイルや類似ファイルを類似文書と判断して、検索結果表示において、類似文書を一まとめに集約表示できる機能です。内容の類似度による判断も可能なため、異なるファイル名であっても内容が似通っていれば類似文書と判断されます。
    検索結果の1画面で確認できる内容の異なる文書が増えるため、重複ファイルや類似ファイルが多い肥大化したファイルサーバであっても、目的の文書をより一層効率的に見つけ出すことができます。

    また、集約文書一覧から類似文書のフルパスを一覧取得することが可能なため、この一覧を元にファイルサーバを整理することも可能です。

     類似文書集約機能の活用

    ファイルサーバ整理支援機能の活用

    ファイルサーバ整理支援機能により、一定期間更新されていないファイルやアクセスされていないファイル(不要ファイル)を検出します。
    これらのファイルはインデックスにも取り込まれないため、不要ファイルが多い肥大化したファイルサーバであっても、目的の文書をより一層効率的に見つけ出すことができます。

    文書分類機能(オプション)の活用

    AIの技術を用いて自動的に文書を分類する文書分類機能
    ある共通の特徴(特定の技術や研究分野など)を持つ文書を自動分類し、フォルダ分けやタグ付けによって整理を行ったり、誤ってファイルサーバ上に流出した機密文書を検出するなど、社内に点在したファイルの整理にご活用いただけます。

    ページの先頭へ