住友電工情報システム
ホーム > ITキーワード > クラウド

クラウド

基本から学ぶ、クラウドとは?

クラウドという言葉は、近年多く取り上げられるようになりました。例えば、アプリのアカウント連携機能や、勤怠管理のサービスもクラウドに属します。
今回は、日常生活において欠かせなくなりつつある、クラウドについて基本部分をご紹介いたします。

クラウドとは

クラウドを一言で表すなら、日常生活のなかで使っているサービスをインターネット上で利用できるようになるサービスです。例えば、携帯でしか受信できないアドレスを使ったメールサービスがありますが、「Gmail」などのWebメールサービス普及により、どの媒体でもメールを受信できるように変わってきています。このGmailもクラウドのひとつであり、インターネット上のサービスとしてメールのやり取りが可能です。
媒体に縛られず、インターネット上で利用できる機能がクラウドの大きな特徴といえるでしょう。

※監修者コメント
使用するデバイスなどの環境に左右されず、ソフトウエアやサービスが利用可能になるクラウド。個々に必要だった利用環境整備の負担軽減で、ソフトやサービス導入のハードルも下がります。

クラウドの種類

SaaS(Software as a Service)

「SaaS」はインターネットを媒体としてソフトウエアを提供するサービスです。この仕組みには、消費者が多く使っているサービスが属します。例えば、先述にあったGmailなどのGoogleが提供するさまざまなサービスですが、ソフトウエアをインターネット上に公開しユーザーが使用できます。これにより、パソコンに個々が導入しなければ使えなかったサービスを利用可能になりました。

また、日常的に使っているSNSなどのサービスもSaaSにあたります。SNSのアカウントがあればさまざまなサービスにログインできるほか、撮った写真などのデータを共有することができます。このように、ネット上に公開されたソフトウエアを利用する仕組みがSaaSの特徴です。

代表的なサービス形態

Webメール
パソコンだけではなく、スマートフォンでも確認できるなどデバイスを選ばずにメールの作成や送受信ができることがWebメールの特徴です。企業単位でメールアドレスを発行することができるほか、社員全員が受信可能なアドレスの共有もできます。
代表例として、GmailやOutlook.comなどが挙げられます。
オンラインストレージ
作成した資料ファイルなどを共有することができるサービスが、オンラインストレージです。メール送付であると、送れるファイルサイズが限られているほか、毎回ファイルを添付しなければいけません。オンラインストレージを使用することにより、一度共有すればファイルの更新などはインターネット上で行えるため、従来よりも工数が減るなどのメリットがあります。
代表例として、DropboxやFire storageなどが挙げられます。
グループウエア
社内SNSの機能、データやタスク共有などを行えるサービスがグループウエアです。メールでのやり取りではなく、チャット形式で社内外問わずに連絡をとれるため、従来よりも連絡のスピードが上がるなどのメリットがあります。加えて、連絡手段だけではなく、タスク管理も行えるため機能性が高いです。
代表例として、サイボウズやチャットワークなどが挙げられます。
購買システム
企業の購買品目や発注形態に対応しているサービスです。注文書などを紙媒体ではなく、ネット上で提供できるためスムーズに作業が進められます。
電子決裁システム
社内の稟議書や経費の精算、各種届出などアナログで行っていた作業をインターネット上でおこなえるサービスです。ペーパレス化だけではなく、手続きがインターネット上で行われるため書類提出などの工数削減に役立ちます。

関連製品

  • 本格的な購買システムをクラウドでご提供
  • 注文書などの帳票をPDFで保管可能
  • 本格的なワークフローも簡単・スピーディに実現
  • グローバルにも対応した電子承認・電子決裁システム

PaaS(Platform as a Service)

システム開発・運用のプラットフォームをインターネット上で提供するサービスをPaaSといいます。システム開発を行うためには、開発環境の整備が必要で、各自がソフトを導入して開発の準備をしなければいけません。この準備コスト(時間や費用)は、一人ならば問題ないかもしれませんが、企業規模となると無視できなくなります。
PaaSはこの準備をすべてインターネット上でできるため、新たに開発プラットフォームを導入する必要がありません。そのため、いままでかかっていた工数を削減して、すぐにシステム開発にとりかかれることがメリットです。

代表的なサービス形態

Webアプリケーション開発サービス
システム開発にはHTMLやJavaScriptなど多くの開発言語が存在します。これらの多くを利用できるほか、管理システムなどについても提供してもらえることが特徴であるほか、開発だけではなく公開や運用も可能です。
代表例として、Google App EngineやDockerがあります。

IaaS(Infrastructure as a Service)

IaaSはサーバーやハードディスクなどのインフラサービスをインターネット上で提供するサービスです。通常のホスティングサービスは、サーバーやハードディスクの設定など、必要なインフラ環境を決められた設定のなかで整えなければならないため、必要以上の機能を持たせるオーバースペックの設定になってしまう恐れがあります。オーバースペックになってしまうと、費用が多くかかるほか、全ての機能を使いこなせず持て余してしまう可能性があります。
これに対し、IaaSの最大のメリットはサーバーの設定からハードディスクのスペックまで自由に設定できることです。自社に対して、必要な分だけのスペックならば予算を余分に消化しなくて良いだけではなく、機能を持て余さずにすみます。

代表的なサービス形態

ハードウエアやスペックの自由選定できるなどの総合インフラサービス
企業のサービスや事業規模に合わせて、ハードウエアのスペックなどを自由に選定できるほか、ストレージやサーバーまでも利用できるサービスです。
代表例として、Amazon Elastic Compute CloudやGoogle Compute Engineが挙げられます。

※監修者コメント
クラウドの種類を組み合わせて導入すれば、より効果的となり、効率もさらに上がります。まずは現在、最も課題となっている懸案事項解決のために、必要かつ有効なクラウドサービスを適宜検討してみましょう。
クラウドサービスにはプランごとに利用できる機能や料金設定があります。無料のプランがあれば試用してみて、業務環境に合った最適なプランや料金設定などを導入前に調査・検討してみましょう。

まとめ

今回は、クラウドについてご紹介しました。クラウドの導入により、今までかかっていた工数が大幅に削減できるだけではなく、削減された工数で新たなイノベーションを起こすことができるかもしれません。現在時間がかかっている作業について、クラウドに置き換えることを検討してみてはいかがでしょうか。

※監修者コメント
これまでのオンプレミス環境と比べて、クラウドでは費用対効果が高くなるほか、リスク低減も可能になります。ネットワーク環境の強化も含めて、クラウドのメリットを業務の効率化に活かしましょう。

監修:古賀 竜一(ITコンサルタント)
中小企業庁 専門家派遣事業 登録専門家。ITサポートエンジニアとして16年、現在も現場の第一線でサポート実務を行う。オーダーPCの製作や、メディアへの記事監修協力、IT記事寄稿なども行っている。

ページの先頭へ