住友電工情報システム
ホーム > イベント > 「楽々Framework3」ウェビナー

当社では、お客様の環境や段階に応じたセミナーをご用意しております。
ご要望にあわせてお選びください。

オンラインで聞きたい
「楽々Framework3」
ウェビナー
(当ページ)
会場でハンズオンで
体験したい
「楽々Framework3」
体験セミナー
オンラインで個別に
話しながら聞きたい
「楽々Framework3」
個別オンラインセミナー

「楽々Framework3」ウェビナー

事例に学ぶ! ローコードプラットフォーム活用の勘所

昨今、IT人材不足は深刻さを増しており、企業が直面している喫緊の課題です。
さらに、DX(デジタル・トランスフォーメーション)時代に突入し、技術の進化に伴い、企業に要求される対応のスピードは増すばかりです。
ITを事業の武器にしDXを推進するには、我々は”内製化”がカギと考えています。
現場の業務部門と手を取り合って、システムを内製化できるローコードプラットフォームの活用もその打ち手の一つです。

本シリーズは、導入企業様に協力を賜り、お客様が抱えていらっしゃる課題にフォーカスしてお伝えし、事例からヒントを得て、明日からでも実践いただけることを目的にしております。楽々Framework3の活用の現場を参照いただくことを通して、是非、ローコードプラットフォームが持つ真の実力を確かめてください。

次回テーマのご案内

シリーズ#3
(株)ミライト情報システム様
「楽々Frameworkで目指すローコード開発 ~10年の楽々FW開発を振り返って~」
最近よくあるお問い合わせなどから、ローコード開発に持っていくポイントやこれまでの開発から学ばせていただきました「楽々Frameworkで失敗しないために考えておくべきこと」など当社なりの考え方や方針、事例などをご紹介させていただきます。
シリーズ#4
楽々Framework3紹介ウェビナー「純国産ローコードプラットフォームの真の実力とは?
~シチズンデベロッパーが内製化するための条件~」
昨今、注目度が増しているローコードプラットフォームの1つである「楽々Framework3」をご紹介するとともに、実際の操作画面を見ていただきながらその特性や利用イメージをご確認いただけます。その他疑問点、実現方法などオンラインで質問対応させていただきます。

日程・申込期限

日程 お申込み締切
シリーズ#3:11月24日(火) 11月18日(水)
シリーズ#4:12月4日(金) 12月1日(火)

ウェビナースケジュール

14:00会議室オープン
15:00開始
15:00~16:00ご説明(事例紹介/製品説明/デモなど)
都度質疑応答
16:00終了予定

本ウェビナーは、Web会議システムMicrosoft Teamsを使用してオンラインで開催いたします。Microsoft Teamsの会議室には、お申込み後に当方よりメールでお伝えするURLで入室いただき、匿名でご参加いただきます。ご参加方法の詳細をメールでお知らせいたします。
また、インターネット経由でのライブ中継ですので、お客様のインターネット回線の状態などにより、画像や音声が乱れる場合があります。予めご了承ください。

概要

対象システム部門の管理者、開発責任者、開発担当者
参加費無料
形式ウェビナー(オンライン環境)
PC推奨環境

下記の環境を推奨いたします。

OS
Microsoft(R) Windows(R) Windows 10
Mac OS X(10.4以上)
ブラウザ
Microsoft Edge(RS2以降、Chromiumベースの最新バージョンと、その前の2つのバージョン)
Google Chrome(最新バージョンと、その前の2バージョン)
お申込

お申込フォーム

お問合せ先 住友電工情報システム株式会社 
「楽々framework3」紹介ウェビナー担当
E-mail: seminar@sei-info.co.jp
TEL:06-6394-6754

シリーズ予定 開催決定後、随時更新!

開催予定日 テーマ
2020年
10月13日(火)
#1 (株)ヤクルト本社様にみる「シチズンデベロッパー」事例
2020年
10月26日(月)
#2 アサヒビジネスソリューションズ(株)様「ハイブリッドアジャイルの実践」
2020年
11月24日(火)
#3 (株)ミライト情報システム様「楽々Frameworkで目指すローコード開発 ~10年の楽々FW開発を振り返って~」
2020年
12月4日(金)
#4 楽々Framework3紹介ウェビナー「純国産ローコードプラットフォームの真の実力とは? ~シチズンデベロッパーが内製化するための条件~」
2020年
12月22日(火)
#5 (学)慶應義塾様「大学×ワークフロー×ローコードプラットフォーム」活用事例

※日程、内容は変更になることがありますので、ご了承ください。

ページの先頭へ