XMLファイル検索

XMLファイル検索とは?

XMLファイルとは、ファイル名の拡張子が「.xml」のファイルで、XMLというマークアップ言語で記述されたファイルです。XMLファイルは拡張性が高いため、単体で検索の仕組みを作ろうと思うと、システム構造がかなり複雑になります。

QuickSolutionを組み込めば、システム構築をすることなく、XMLファイル内のデータを高精度かつ高速に検索できるようになります。

XMLファイル検索で解決できること

検索機能を組み合わせて精度の高い検索結果を提供

XMLファイルには複数の要素や属性が含まれるため、従来の検索では、正確なキーワードや詳細なファイル情報を入力する必要がありました。

QuickSolutionを組込んだXMLファイル検索では、あいまい検索やセマンティック検索などの高度な検索機能や、キーワードや属性を組み合わせて検索することもできます。これらの機能を活用して、利用者の意図を汲み取り検索漏れを防いだ、高精度な検索結果を提供します。

[検索機能の例]

あいまい検索 検索キーワードと完全一致していなくても、類似する情報は漏らさず検索。
セマンティック検索 検索文の意味を解析し、利用者の意図・目的に沿った検索が可能。
位置考慮検索 検索条件に含まれるキーワードが特定の箇所に出現する頻度などを考慮して検索結果に反映。

大容量のデータでも高速で横断検索が可能

一般的なXMLファイル検索の課題として、XMLのファイルサイズが大きくなると検索速度が低下することがあげられます。

QuickSolutionでは、1,000万件のデータを約0.1秒で検索することが可能です。複雑な条件でも高速かつ高精度な検索が行えます。

また、QuickSolutionはXMLファイルだけでなく、ファイルサーバやクラウドサービスなどに点在する他のファイルもまとめて横断検索することができます。

API利用でカスタマイズも簡単

QuickSolutionでは充実したAPIを提供しています。APIの利用により、簡単に未連携の製品や独自システムにQuickSolutionを組み込んだり、自社内でカスタマイズすることが可能です。

APIの種類は以下の通りです。

  • Java API(RMI)
    QuickSolutionはプラットフォームとしてJavaを使用しているため、Java APIと親和性が高く、さまざまな機能をJava APIで作成することができます。
    ※Java APIの使い方を紹介したサンプルプログラムを提供しています。
  • Web API(REST)
    Java APIのうち、利用頻度の高いAPIに関してはWeb APIでも提供しています。

このページに関するセミナーも開催しています

「QuickSolution」紹介ウェビナー システムへの検索エンジン組込で競争力強化
受付終了
2024年3月5日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー ナレッジマネジメントのよくある課題と解決法
受付中
2024年3月15日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー テレワークの成功のカギは全文検索にあり
受付中
2024年3月26日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー 企業内検索で業務効率化
受付中
2024年4月5日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー DXを急ぎたいあなたに、検索DXのすゝめ
受付中
2024年4月19日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー システムへの検索エンジン組込で競争力強化
受付中
2024年5月28日 16:00-17:00
オンライン
QuickSolutionの最新バージョンで社内情報活用&業務効率化 体験セミナー
受付終了
毎月開催
東京/大阪/名古屋

各種お役立ち資料もご用意しています

簡単な製品説明や見積りのみご希望の場合も
気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

専門スタッフが製品や導入に関する不安やお悩みにお答えします。

担当者に製品の説明を聞く

資料ダウンロード

QuickSolutionの製品情報の概要や、活用事例をまとめた資料を無料でダウンロードいただけます。

製品資料をダウンロードする

トライアル

トライアル希望の方はこちらからお申し込みください。

トライアルに申し込む

関連するページ