データベース検索(RDB検索)

データベース検索(RDB検索)

このページでは、データベース(RDB)検索の活用事例をご紹介いたします。
RDB(リレーショナルデータベース)とは、データベースの一種であり、表形式の複数データを関連付けて使えるようにしたデータベースのことです。
通常のRDB検索ではあいまい検索ができず、項目を特定した固定的な検索しかできない、また部分一致などのあいまい検索(Like検索)は検索結果の応答が遅いなど、期待通りの結果を得られないことがあります。

QuickSolutionのデータベース検索では、あらかじめインデックスを生成しているため、属性検索やあいまい検索(類似検索)を行っても、高速に結果が返ってきます。また複数テーブルやViewをまたぐ検索も簡単に行えます。高速に検索結果を表示させることが可能なため、期待通りの検索結果が得られなかったとしても、検索条件を変更してすぐに再検索することが可能です。

RDB検索の比較

各種データベース、多彩なデータ型に対応

QuickSolutionのデータベース検索は、Oracle、SQL Server、PostgreSQL、Amazon RDS、Azure Databaseなどの主要なデータベースに対応しています。
多くのデータ型にも対応しており、バイナリデータ型のカラムに格納されたファイルの内容(本文)を検索することができます。また、カラムにファイルパスが格納されている場合、そのパスが指すファイルを検索、サムネイル/ビューワ表示することも可能です。

どんなデータも横断検索

社外情報の検索にインターネット検索サイトを利用するように、イントラネットに分散するさまざまな社内文書を、複数のデータベース、ファイルサーバなどにとらわれず、文書ファイル、PDF、CSVファイルなど、どんなデータ形式であっても一元的に横断検索できます(検索対象データ一覧)。

横断検索のイメージ

大規模データでも高速検索

QuickSolutionのデータベース検索は、1,000万件のデータを約0.1秒で検索可能です。
企業内データは日ごとに成長し大容量化しますが、QuickSolutionなら将来にわたり安心してご利用いただけます。

このページに関するセミナーも開催しています

「QuickSolution」紹介ウェビナー システムへの検索エンジン組込で競争力強化
受付中
2024年3月5日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー ナレッジマネジメントのよくある課題と解決法
受付中
2024年3月15日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー テレワークの成功のカギは全文検索にあり
受付中
2024年3月26日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー 企業内検索で業務効率化
受付中
2024年4月5日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー DXを急ぎたいあなたに、検索DXのすゝめ
受付中
2024年4月19日 16:00-17:00
オンライン
QuickSolutionの最新バージョンで社内情報活用&業務効率化 体験セミナー
受付中
毎月開催
東京/大阪/名古屋

簡単な製品説明や見積りのみご希望の場合も
気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

専門スタッフが製品や導入に関する不安やお悩みにお答えします。

担当者に製品の説明を聞く

資料ダウンロード

QuickSolutionの製品情報の概要や、活用事例をまとめた資料を無料でダウンロードいただけます。

製品資料をダウンロードする

トライアル

トライアル希望の方はこちらからお申し込みください。

トライアルに申し込む