活用事例:紙文書検索

紙文書をOCRで有効活用!

文章入力を効率化する技術として以前から活用されているOCR(光学文字認識)。
今日では、複写機/複合機自体にOCR機能を搭載したものも多く普及しています。
このOCR、かつては低かった文字の認識率が、AI技術の一分野であるディープラーニング(深層学習)の出現により飛躍的に向上したことで(AI-OCR)、今再び脚光を浴びています。
紙文書が手元にありながらそれを入力しなおす非生産的な作業に費やす時間を削減できる、テキスト化したデータは検索したり他の文書への二次利用が容易であるなど、OCRには多くのメリットがあります。
紙文書を電子化したデータは、QuickSolutionの高性能な全文検索機能によって、より有益な資源としてご活用いただけます。

紙文書検索はQuickSolutionにおまかせ!

OCRの認識精度は非常に高くなっていますが、その認識率は100%ではありません。特に、紙文書が汚れていたり乱雑に書かれた手書き文字の場合、OCRの認識率は下がり誤変換される可能性が高まります。そのため、こういった紙文書をOCR変換したデータを完全一致検索した場合、検索漏れが生じ易いのです。
しかしQuickSolutionなら、誤変換された文字を含むデータであっても、高精度な全文検索が可能となります。

QuickSolutionには、検索クエリと完全一致するデータのみを抽出する完全一致検索の他に、表記揺れを吸収して類似データを抽出するあいまい検索も用意されています。このあいまい検索であれば、電子化の際に誤変換されてしまったデータであったとしても類似データとして扱われるため、求める情報を漏れなく抽出することが可能です。
OCRとQuickSolutionのあいまい検索の組み合わせで業務の効率化を実現しましょう!

あいまい検索で紙文書を有効活用

このページに関するセミナーも開催しています

「QuickSolution」紹介ウェビナー ナレッジマネジメントのよくある課題と解決法
受付中
2024年7月22日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー システムへの検索エンジン組込で競争力強化
受付中
2024年8月2日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー 企業内検索で業務効率化
受付中
2024年8月19日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー DXを急ぎたいあなたに、検索DXのすゝめ
受付中
2024年8月27日 16:00-17:00
オンライン

簡単な製品説明や見積りのみご希望の場合も
気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

QuickSolutionの導入に関する不安やお悩みにお答えします。

問い合わせする

資料請求

QuickSolutionの詳細資料をご提供します。

資料請求する

トライアル

社内データでの評価利用、またはデモサイトでお試しいただけます。

トライアルに申し込む