多言語検索

機械翻訳の有効活用

一昔前は、「実用レベルではない」と評されることもあった機械翻訳。AI技術の発達により、ここ数年で飛躍的に翻訳精度が向上し、英語のみならず多国語対応も進んでいます。
グローバル化が進み、外国籍の社員との情報共有や国外企業とのやりとりなど、ビジネスシーンにおいて翻訳のニーズは高まる一方です。英語、中国語、韓国語などと多言語の翻訳作業に時間を取られ、「本来の業務に注力できない」「残業が増えた」などの声も聞かれる中、機械翻訳の活用を検討されている企業も多いのではないでしょうか?

機械翻訳を導入した場合、イラストのように、都度変換する煩わしさ、変換データが増えサーバの要領を圧迫するなどの問題が考えられます。

翻訳処理の説明図

また、有益なツールとして利用されている機械翻訳ですが、現在においても翻訳精度は完璧ではないため、一般的な完全一致検索では目的の文書を見つけられない、といったこともあるでしょう。
この機械翻訳の弱点を高性能な検索エンジンQuickSolutionで補完することで、さらなる業務の効率化が期待できます。

あいまい検索で翻訳文書も漏れなく検索!

図は英語検索を例としています。

あいまい検索の構造

機械翻訳した文書を完全一致検索した場合、検索漏れしてしまう可能性があります。しかし、QuickSolutionのあいまい検索を使うと、例のように検索クエリと完全一致しなくても類似するデータを検索することが可能になります。
シソーラスなどの各種辞書を用いた検索も有効です。例では、機械翻訳によって「説明書」は「manual」と訳されていますが、同義の「instruction book」がシソーラス基本語辞書に登録されているため、「manual」と「instruction book」の両方が検索されるようになります。
また、インデックス(索引情報)は原語で保持し、検索クエリと検索結果に機械翻訳を利用することで、前述したような都度変換する煩わしさや変換データの増大といった問題も解消されます。

機械翻訳とQuickSolutionの組み合わせで、業務の効率化を実現しましょう!

このページに関するセミナーも開催しています

「QuickSolution」紹介ウェビナー システムへの検索エンジン組込で競争力強化
受付終了
2024年3月5日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー ナレッジマネジメントのよくある課題と解決法
受付中
2024年3月15日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー テレワークの成功のカギは全文検索にあり
受付中
2024年3月26日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー 企業内検索で業務効率化
受付中
2024年4月5日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー DXを急ぎたいあなたに、検索DXのすゝめ
受付中
2024年4月19日 16:00-17:00
オンライン
「QuickSolution」紹介ウェビナー システムへの検索エンジン組込で競争力強化
受付中
2024年5月28日 16:00-17:00
オンライン
QuickSolutionの最新バージョンで社内情報活用&業務効率化 体験セミナー
受付中
毎月開催
東京/大阪/名古屋

簡単な製品説明や見積りのみご希望の場合も
気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

専門スタッフが製品や導入に関する不安やお悩みにお答えします。

担当者に製品の説明を聞く

資料ダウンロード

QuickSolutionの製品情報の概要や、活用事例をまとめた資料を無料でダウンロードいただけます。

製品資料をダウンロードする

トライアル

トライアル希望の方はこちらからお申し込みください。

トライアルに申し込む