住友電工情報システム
AIで「探し方」改革! 全文検索・情報活用システム 検索エンジン パッケージ市場で2年連続シェア1位(富士キメラ総研調べ) QuickSolution
閉じる
ホーム > QuickSolution > 活用・導入事例一覧 > 活用事例一覧 > 活用事例:サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索とは、文字通り、そのサイト内のページのみを検索する機能のことです。実店舗では、POPや商品の陳列、店員の接客によって顧客を購買へと導くことが可能ですが、Webサイトにおいてはその役割をサイト内検索が担います。
サイト来訪者の動線はサイト内検索によって左右されるため、サイト内検索のしやすさが成約に直結するとも考えられています。サイト内検索は、Webサイト運営上の重要な対策であると言えるでしょう

それでは、どのようなサイト内検索を導入すれば良いのでしょうか?
無償で提供されるサイト内検索サービスもありますが、機能が不十分であったり、広告非表示にできない、といった制約がある場合がほとんどです。
有償であっても、検索精度が十分でなく検索漏れを起こすものであれば、せっかくのサイト来訪者を欲しい情報を得られないが故に離脱させてしまうことになります。このため、サイト内検索には検索精度の高さが要求されます。

QuickSolutionでサイト内検索を実現

QuickSolutionは、検索漏れを起こさない精度の高い検索が可能です。
また、カテゴリや抽出されたキーワード・関連語などで商品を絞り込んだり、入力されたキーワードに関する商品やキャンペーンをレコメンド(おススメ)したりと、お客様のニーズにあった情報を提供することができます。
高速な検索はもちろん、在庫情報をリアルタイムに更新させるなどリアルタイムな検索を実現します。また、お客さまのニーズを把握する為のレポート機能も充実。検索ログを集計したデータの活用により、サイトのコンテンツの改善にもお役立ていただけます。

QuickSolutionを導入して独自にサイト内検索を実現する方法の他に、検索エンジンとしてQuickSolutionを搭載したハートコア社提供のCMS「HeartCore」をご利用いただく方法もあります。「HeartCore」は、高度なサイト内検索をはじめとしたウェブサイトの管理・運用に必要なすべての機能が備わったオールインワンのパッケージです。

ECサイト

ECサイトは、取扱商品が多く、そのジャンルも幅広いのが特徴です。サイト内にある大量の情報の中から、お客さまが欲しい情報にスピーディにたどり着かなければ、売上にはつながりません。このため、サイト内検索は必須と言えるでしょう。

QuickSolutionは、大容量ブログの高速検索サービスや、データベース(RDB)検索、認証連携による会員向け情報サイトなど高度なWebサービスで検索エンジンとして活用されています。

以下に、サイト内検索に役立つQuickSolutionの各種機能をご紹介いたします。

利用状況レポートの活用

利用状況レポート

目的別の多彩なレポートにより、QuickSolutionを導入した効果を定量的に算出し、投資対効果を評価できます。棒グラフや円グラフなどの表示が可能なため、視覚的に利用状況を把握できます。サイト内検索で検索されたキーワードは、「顧客ニーズ」が強く反映されたもの。是非、分析にご活用ください。

利用状況レポートをグラフ化
検索キーワードランキング
どんなキーワードがよく検索されているの?
利用頻度・負荷状況レポート
どの検索対象(商品カテゴリなど)がよく利用されている?
利用ユーザレポート
お客さまの利用状況は?
利用グループレポート
あらかじめ設定したグループについて、検索状況をレポート
キーワード推移レポート
指定したキーワードの周期毎のアクセスをレポート
特定キーワードレポート
特定したキーワードに対して検索状況をレポート
コンテンツホールレポート
検索結果が0件だったキーワードをレポート

上記の利用状況レポートの他、インデックス更新時間や差分データ量の推移など検索インデックスの状態についてもレポート可能です。

ピンポイントで商品を探し出す検索精度

検索漏れを起こさず、最適なアイテム(商品、情報)を上位に表示。

日常的に使用する自然文、長文での思いつき検索が可能です。
包容力のあるあいまい検索(類似検索)は検索漏れがなく、ノイズも少ないので快適な検索を実現します。
キーワードや属性との組み合わせ検索も可能です。

ヒット件数が多く、商品を絞り込めない

→ 関連語を抽出して、絞り込み。

絞込検索

似たような商品がたくさんヒット

検索結果一覧内の類似する商品を集約し、重複したアイテム(商品、情報)を非表示(類似文書集約機能)。
結果一覧の上位により多くの情報を表示することが可能になり、さらに効率よく目的の商品にたどりつくことができます。

商品のキーワードを正確に覚えていない

キーワードを正確に覚えていなくても、その文字を含む関連キーワードを表示(サジェスト機能)。キーワードを入力すると、候補のキーワードを一覧表示し、検索キーワードの入力を支援。

<サジェスト機能>

サジェスト機能

おススメ商品やキャンペーンをレコメンド

スマートリンクという機能を利用すれば、あらかじめ登録していたキーワードを入力したサイト来訪者におススメ商品やキャンペーンに関連したページを確実にお知らせすることができます。
検索結果画面に表示させる画像も指定できますので、インパクトのある検索結果表示が可能です。また、検索キーワードに依存せず、新商品の紹介ページへのリンクを常時、表示させることも可能です。

<設定例>

超高速かつリアルタイム検索

テラバイト級のデータも高速に検索できるQuickSolutionなら、大容量のWebサイトも高速に検索可能。
APIによるインデックス・リアルタイム更新もサポートしていますので、在庫情報等、リアルタイムにインデックス更新したい項目のみを高速にインデックス差分更新を行い、検索結果ランキングにも即反映できます。

既存ECサイトとの連携、カスタマイズが容易

Web API(REST)とWebクローラを用いた柔軟かつ容易な連携。
既存のECサイトに手を加えず、Webクローラにより検索対象データを取り込み、インデックス生成。
カテゴリ、更新日時、価格、在庫情報等の項目をパターン・マッチングにより識別し、属性インデックスとして取り込み可能。

<導入事例>

ページの先頭へ