住友電工情報システム
AIで「探し方」改革!
全文検索・情報活用システム
検索エンジン パッケージ市場で5年連続シェア1位(富士キメラ総研調べ) QuickSolution
閉じる
ホーム > 全文検索・情報活用システム QuickSolution > 活用事例・導入事例 > 具体的な活用事例一覧 > 検索DX

検索DX

DX推進
DX推進

近年、世界中のあらゆる業種においてDX(Digital Transformation、デジタルトランスフォーメーション)の取り組みが加速しています。
日本国内でも、経済産業省が取りまとめた「DXレポート」および「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)」が2018年に公表されて以降、DX推進の必要性が叫ばれています。
このページでは、DXの概要やDX推進による効果、DX推進を成功に導く秘訣である検索DXについて成功事例を交えながらご紹介いたします。

DXとは?

そもそもDXとは何なのでしょうか?
DXとは、デジタル技術の発達により生活やビジネスのスタイルが変容していくことを言います。
DXと混同されやすい「デジタル化(デジタイゼーション)」との違いについては、経済産業省の「DXレポート2(※)」の下図をご確認いただくとわかりやすいかと思います。

DXの構造

引用:経済産業省 DXレポート2中間とりまとめ
「4.3DX成功パターンの策定|DX構造」

ここでは、デジタル化が「アナログ・物理データのデジタルデータ化」であるのに対し、DXは「組織横断/全体の業務・製造プロセスのデジタル化」および「“顧客起点の価値創出”のための事業やビジネスモデルの変革」であると記されています。
一つ簡単な例を挙げれば、コールセンターへの問い合わせやその回答、要望、苦情、センチメントなどを紙文書で管理するのではなくデータベースなどデジタルデータとして保存することがデジタル化、そのデータをもとにチャットボットシステムを構築しサポート業務の効率化や顧客の利便性向上を行ったり、データ解析により顧客インサイトを発掘するなどの変革を行うことがDXとなります。

次項では、国内企業のDXの現状について見ていきましょう。

国内企業のDXの現状

DX推進の状況について、経済産業省は前述の「DXレポート2(※)」の中で以下のような強い懸念を示しています。

  • DXレポート発行から2年が経過した今般、DX推進指標の自己診断に取り組み、結果を提出した企業の中でも、95%の企業はDXにまったく取り組んでいないか、取り組み始めた段階であり、全社的な危機感の共有や意識改革のような段階に至っていない
  • 先行企業と平均的な企業のDX推進状況は大きな差がある

コロナ禍での環境変化の影響により、テレワーク導入や就業規則変更など迅速に対応できた企業がある一方、多くの企業ではDX推進に踏み出せていないのが現状のようです。DX推進に取り組めていない企業の多くは「DX推進の必要性は認識しているものの何から取り組めばいいかわからない」ことから行き詰まっていると言われています。

私たちはこれに対する解決策として、まずは「データ活用」から取り組まれることをお勧めしますデータ活用は、DX推進の第一歩であり核心であるとも言われていて、あらゆる業種において有効な手段であるためです。

次項では、効率的なデータ活用を実現する秘訣について詳しく説明いたします。

効率的なデータ活用 検索DX

効率的にデータ活用を行うためには、第一にデータのデジタル化、第二に最適なツールの選定・導入が必要不可欠です。DXを検討されている多くの企業ではデータのデジタル化は進んでいると思われるため、ここではツールの選定について解説いたします。

データ活用の効率化に特化したツールとして一番に挙げられるのは、検索システムです。また、PCを利用して業務を行う企業、そして一般的なPC利用者にとって検索というツールは比較的身近で利用しやすいものであることからも、検索システムを用いたDX(検索DX)をDX推進の第一歩とするのが最適解でしょう。
この検索DXを実現する検索システムには、以下のような要件が求められます。

  • 多様なデータに対応している
  • 物理的に分散したデータも一元管理できる
  • アクセス権限管理などのセキュリティが充実している
  • 容易に欲しいデータにアクセスできる(操作性・検索精度・検索速度
QuickSolutionの解説図

この図は、弊社QuickSolutionを表したものになります。QuickSolutionは検索DXを実現する検索システムに求められる要件全てを満たしていることがご理解いただけるでしょう(QuickSolutionの概要についてはこちら)。
QuickSolutionは導入が簡単で直感的な操作性のため特別なユーザ教育も不要で、IT人材不足からDX推進の難しさを感じておられる企業様にとっても最適な検索DXのツールです。
また、導入においては当然ながら費用対効果が重要な指標となります。QuickSolutionは豊富な導入実績を誇り、多くの導入企業様から費用対効果を実感しやすいとのお声を頂戴しています(費用対効果についてはこちら)。
これらの理由から、検索DXのツールとしてQuickSolutionの導入をお勧めいたします。

次項では、QuickSolution導入による検索システムを用いたDX推進の成功事例をご紹介いたします。

検索システムを用いたDX推進の成功事例

QuickSolutionを導入された企業様の多くは、効率的なデータ活用によって業務効率化を加速させ、チャットボット導入やWeb通販サイトの構築など意欲的にDXに取り組まれています
当ホームページでは多くの活用事例を掲載しておりますが、ここでは検索システムを用いたDX推進の成功事例の一部をご紹介いたします。

サンエイ糖化株式会社様
全文検索を有効活用し、DX推進の地盤づくりに成功
日本農産工業株式会社様
情報資産の有効活用で営業機会を創出
株式会社ニチリン様
年間約1,300時間の業務効率化を実現

なお、上記以外のQuickSolution活用事例についてもこちらからご覧いただけます。

※出典
経済産業省「DXレポート2 中間取りまとめ(概要)」(令和2年)
https://www.meti.go.jp/press/2020/12/20201228004/20201228004-3.pdf

ページの先頭へ