住友電工情報システム
AIで「探し方」改革! 全文検索・情報活用システム 検索エンジン パッケージ市場で3年連続シェア1位(富士キメラ総研調べ) QuickSolution
閉じる
ホーム > QuickSolution > 活用・導入事例一覧 > 活用事例一覧 > 活用事例:紙文書検索

活用事例:紙文書検索

紙文書をOCRで有効活用!

文章入力を効率化する技術として以前から活用されているOCR(光学文字認識)。
今日では、複写機/複合機自体にOCR機能を搭載したものも多く普及しています。
このOCR、かつては低かった文字の認識率が、AI技術の一分野であるディープラーニング(深層学習)の出現により飛躍的に向上したことで(AI-OCR)、今再び脚光を浴びています。
紙文書が手元にありながらそれを入力しなおす非生産的な作業に費やす時間を削減できる、テキスト化したデータは検索したり他の文書への二次利用が容易であるなど、OCRには多くのメリットがあります。
紙文書を電子化したデータは、QuickSolutionの高性能な全文検索機能によって、より有益な資源としてご活用いただけます。

紙文書検索はQuickSolutionにおまかせ!

OCRの認識精度は非常に高くなっていますが、その認識率は100%ではありません。特に、紙文書が汚れていたり乱雑に書かれた手書き文字の場合、OCRの認識率は下がり誤変換される可能性が高まります。そのため、こういった紙文書をOCR変換したデータを完全一致検索した場合、検索漏れが生じ易いのです。
しかしQuickSolutionなら、誤変換された文字を含むデータであっても、高精度な全文検索が可能となります。

QuickSolutionには、検索クエリと完全一致するデータのみを抽出する完全一致検索の他に、表記揺れを吸収して類似データを抽出するあいまい検索も用意されています。このあいまい検索であれば、電子化の際に誤変換されてしまったデータであったとしても類似データとして扱われるため、求める情報を漏れなく抽出することが可能です。
OCRとQuickSolutionのあいまい検索の組み合わせで業務の効率化を実現しましょう!

あいまい検索で紙文書を有効活用
ページの先頭へ