住友電工情報システム
ホーム > ニュース一覧 > 「楽々WorkflowII クラウドサービス」に新機能を追加

ニュースリリース

「楽々WorkflowII クラウドサービス」に新機能を追加

~Excelで作成した帳票イメージがそのままPDF帳票として利用できます~

2017年9月13日
住友電工情報システム株式会社

住友電工情報システム株式会社は、クラウド型ワークフローサービス「楽々WorkflowII クラウドサービス(らくらくわーくふろーつー くらうどさーびす)」(以下「楽々WFCサービス」)に、Excelで作成した帳票イメージがそのままPDF形式の帳票で出力できる機能を追加しました。

Excelで作成した帳票イメージを使ってそのままPDF形式の帳票を出力する機能が追加され、利用ユーザの要望にスピーディに対応できるようになりました。その他にもユーザ情報に任意の項目を追加できる機能、承認を促す督促メールのまとめ機能、一意となる値を自動で採番する「自動採番」項目の追加により利用者の利便性を高めました。

「楽々WorkflowII クラウドサービス」は、初期投資やインストール・メンテナンス作業が不要で、月額利用料のみですぐに利用できるクラウドサービスとして、2012年10月よりサービスを開始しました。稟議書や旅費精算・経費精算など申請・承認業務の業務効率化や意思決定のスピードアップを実現する業務改革ツールとして中小企業から大企業まで多数のお客様にご導入いただいています。

今回、提供を開始する新たな機能は、下記の通りです。

1.ExcelテンプレートによるPDF形式帳票機能

Excelで作成した帳票イメージを使って、PDF形式の帳票を出力できるようになりました。
従来、帳票作成のアプリケーションを使って帳票イメージを作成する必要がありましたが、今回のバージョンアップによりExcelで作成した帳票イメージをそのまま利用してPDF形式の帳票を出力する機能を追加しました。

欲しい帳票を使い慣れたExcelで簡単に作成することができますので、ユーザの要望にスピーディに対応することができます。

2.ユーザ情報項目追加機能

「楽々WFCサービス」ユーザ情報に任意の項目を10個まで追加できるようになりました。
社員番号、部門コード、費目コードなど利用会社様固有の情報をユーザ情報として利用することができますので、「楽々WFCサービス」上のデータをダウンロードして既存システムに連携する際に、ダウンロードした情報をそのまま活用することができます。

3.督促メールまとめ機能

従来から承認者に、承認を促すための督促メールを発信する機能がありましたが、案件単位でメールが発信されるため、承認する案件が多い承認者には大量のメールが発信され、重要な案件の督促メールが埋もれてしまう危険がありました。

今回のバージョンアップで、督促メールをまとめて1通にして送付する機能を追加しました。承認者は、大量のメールを1通ずつ開封する煩雑な作業から解放され効率的に業務を行うことができるようになりました。

4.自動採番項目の追加

「楽々WFCサービス」が自動的に採番を行う文書番号の他に、利用者の任意のタイミングで自動的に採番を行うことのできる項目を追加しました。
これまでは、たとえば「決裁番号」を最終決裁時にシステムやフォルダ単位で連続番号を振りたい場合には、手入力でいちいち登録するか、個別にコーディングしてロジックを組み込む必要がありました。

今回のバージョンアップにより、「自動採番」項目を設けることで、簡単な設定のみで、任意のタイミングでシステムやフォルダ単位で一意の連続番号を付与することができるようになりました。

当社では、最新のIT技術を取り入れると共に、お客様の業務ニーズに積極的に対応することで、業務の効率化や品質向上に貢献できるよりよいクラウドサービスを目指して、今後も定期的に機能の充実に努めて参ります。

【補足資料】

楽々WorkflowII クラウドサービス の主な特長

  • ・申請フォームの簡単作成
  • 申請フォームは、入力項目(データ項目)で一括設定でき、マウスのドラッグ&ドロップ操作による編集も可能です。
    また、稟議書、名刺、備品購入等の申請フォームの業務テンプレートを標準で用意しています。
  • ・複数のブラウザ・携帯電話・スマホ・タブレット端末で利用可能
  • 楽々WorkflowII クラウドサービスはInternet Explorer、Firefox、Google Chrome、Safari等複数のPC用ブラウザだけでなく、携帯電話・スマートフォン・タブレット端末にも対応しています。
    出張先や外出中の移動の空き時間に、PCがなくても社内と同様の感覚で申請業務や決裁業務を行うことができます。
  • ・グローバル対応
  • 日本語・英語・中国語に対応しています。
    出力するメッセージやタイトル、ボタンの表示文字を、使用したい言語にいつでも切り替えることができます。世界各地の海外拠点から、それぞれのビジネスタイムでご利用いただける24時間365日のサービスです。
  • ・帳票出力(※オプション)
  • 申請・承認されたデータを、ExcelやPDFに帳票出力できます。
    印刷用に帳票が必要なお客様向けに、申請中や承認済のデータを一覧から選択し、ExcelやPDF形式で帳票出力する機能を準備しています。

楽々WorkflowII クラウドサービス の価格

  • ● 初期費用 50,000円(税抜)
     帳票利用サービス初期費用 30,000円(税抜)(※オプション)
  • ● 月額基本料金 10,000円(税抜)
     月額ご利用料金 500円(税抜)/ユーザ
  • ● 各種オプションサービス
    • ・データ容量追加(10GB単位)
    • ・ファイル出力、全文検索オプション
    • ・フォーム作成サービス
    • ・帳票作成(Excel、PDF)サービス
    • ・技術相談サービス
    • ・オープン講習
    • ・路線検索オプション

※価格等の詳細については、下記<製品に関するお問い合わせ先>にお問い合わせ下さい。

楽々WorkflowII クラウドサービス の動作環境

本サービスをご利用いただくためには、インターネット接続環境が必要です。
Webブラウザ :Internet Explorer, Firefox, Google Chrome, Safari,
Android標準ブラウザ, Chrome For Android,
Mobile Safari (iPhone/iPad)

※本サービスのご利用にあたって生じる、インターネット接続に伴う費用は、お客様のご負担となります。

楽々WorkflowII クラウドサービス のWebサイト

https://www.sei-info.co.jp/workflow-cloud/

登録商標について

         
  • 楽々Workflowは、住友電気工業株式会社の登録商標です。
  • Google、Google Chrome、Androidは、米国Google Inc.の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • Firefoxは、米国Mozilla Foundationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • Safari、iPhone、iPadは米国Apple Inc.の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • Internet Explorer、Excelは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • その他、本書に記載されている会社名・製品名等は、各社の商標または登録商標です。

会社情報

住友電工情報システム株式会社の概要

設立 1998年10月1日
資本金 4.8億円
従業員数 450名
代表者 代表取締役社長 奈良橋 三郎
本社所在地 大阪市淀川区宮原3-4-30(ニッセイ新大阪ビル)
事業内容 各種業務用ソフトウエアの開発・販売・保守、
パッケージ・ソフトの開発・販売・保守他

お問い合わせ

<製品に関するお問い合わせ先>

住友電工情報システム株式会社
ビジネスソリューション事業本部 システム営業部 TEL: 03-6406-2840
西日本システム営業部 TEL: 06-6394-6731
Email:rakrak@sei-info.co.jp

<本件に関するお問い合わせ先>

住友電工情報システム株式会社
ビジネスソリューション事業本部 マーケティング室 TEL: 06-6394-6754
 FAX: 06-6394-6759
Email:mkt@sei-info.co.jp https://www.sei-info.co.jp
ページの先頭へ