住友電工情報システム
ホーム > ニュース一覧 > 各種クラウドサービス上での開発環境及び本番環境の構築に対応した「楽々Framework3 Ver.2.8」を販売開始

ニュースリリース

Webアプリケーション開発のための
部品組み立て型開発ツールの最新版

「楽々Framework3 Ver.2.8」を販売開始

~各種クラウドサービス上での開発環境及び本番環境の構築に対応~

2019年12月17日
住友電工情報システム株式会社

住友電工情報システム株式会社は、クラウドサービス環境に対応する機能を新たに搭載した、Webアプリケーション開発のための部品組み立て型開発ツールの最新版「楽々Framework3(らくらくフレームワークスリー)Ver.2.8」を12月18日より販売開始します。

楽々Framework3(以下、楽々FW3)は、部品組み立て型の純国産Webアプリケーション開発ツールです。業務にそのまま使用できる豊富な部品群を持ち、ビジュアル・プログラミングにより、ノンプログラミングで部品を組み合わせることで、Webアプリを開発できるローコード開発基盤です。さらに楽々FW3をアジャイル開発手法に適用することで、超高速アジャイル開発を実現することができ、誰でも簡単に保守性の高いWebアプリケーションを開発/運用することが可能になります。

今回のバージョンアップでは、クラウドサービス環境での開発環境構築、本番運用、ログイン認証に対応しました。これにより、必要な時に必要なスペックですばやく楽々FW3をクラウドサービス上で利用できるようになりました。

クラウドサービス上で楽々FW3を利用することで、開発の場所を選ばず、テレワークを含めた働き方改革の推進が期待できます。

バージョンアップの詳細は以下のとおりです。

1.各種クラウドサービスでの開発およびオートスケーリング機能に対応

Amazon Web Services上の「Elastic Beanstalk」およびMicrosoft Azure上の「App Service」では、JavaやTomcat、データベースを備えたWebアプリケーション環境を素早く構築することができます。楽々FW3 V2.8ではこれらのWebアプリケーション環境上での開発に対応しました。また、これらのクラウドサービスが実現しているオートスケーリング機能(高負荷時に自動でサーバを増やして負荷分散する機能)に適したモジュール(WARファイル)を生成する機能を新たに搭載しました。

この新機能により、クラウドサービスの特長を最大限に活用した開発が可能になり、自社に開発サーバを導入することなく、さまざまな場所に分散した開発者が共同で開発できる環境を簡単に構築することができます。作成したアプリケーションはオートスケーリング機能により負荷変動に応じて安定的に稼働します。この結果、開発者および運用者の負担が大幅に軽減します。

2.クラウド上のデータベースサービスに対応

新たに以下のデータベースサービスに対応しました。

【Amazon Web Services】
Amazon Aurora, Amazon Relational Database Service(RDS)
【Microsoft Azure】
Azure SQL Database、Azure Database for PostgreSQL、Azure Database for MySQL

これらのデータベースサービスには、データベース構築の時間と手間の削減、堅牢なサーバ環境、および自動バックアップといった利点があり、楽々FW3と組み合わせることでより一層の開発効率向上とシステムの安定運用を実現することができます。

3.Amazon Cognito認証に対応

クラウドサービス上の認証方式の一つであるAmazon Cognitoに対応しました。Cognitoが提供している機能を利用することで、Amazon上のアカウントだけでなく、FacebookやGoogle上のアカウントなどでも楽々FW3にログイン認証を行うことができるようになります。

当社は今後も、開発者のニーズにきめ細かく対応した機能を搭載したWebアプリケーション開発のための部品組み立て型超高速開発ツール「楽々Framework3」を開発・販売していきます。

製品詳細

楽々Framework3
(WEBアプリケーション開発ツール)
  • 高品質・高機能なWEBアプリケーションを高速開発。
  • 生産性は、COBOLの約3倍、Javaフレームワークの5~10倍を実現。
  • 対象は、情報共有ツールから業務システムまで多岐にわたる。

楽々Framework3について

■ 楽々Framework3のコンセプト

  • 1. 素早く組み立て自由にカスタマイズ
  • 2. データモデルから自動生成
  • 3. 保守とドキュメンテーションの標準化

■ 楽々Framework3の導入メリット

  • 1. 簡単プログラミングで品質の高い、低コストの開発を実現
  • 2. 安心して長期利用することができ、保守コストを削減
  • 3. 内製化体制を確立し、開発人材の成長を促進

■ 楽々Framework3の動作環境

サーバOSWindows Server, Linux(RedHat Enterprise Linux, SUSE Linux Enterprise Server), Solaris, AIX, z/Linux, i5/OS
アプリケーション
サーバ
WebSphere, Oracle WebLogic Server, Interstage, Cosminexus, WebOTX, Tomcat 等
データベースOracle, DB2, PostgreSQL, MySQL, SQL Server, SAP HANA 等
クライアントInternet Explorer, Firefox, Safari, Google Chrome, Edge, Android標準ブラウザ, Mobile Safari

■ 楽々Framework3 Webサイト

https://www.sei-info.co.jp/framework/

登録商標について

  • 楽々Frameworkは、住友電気工業株式会社の登録商標です。
  • Amazon、Amazon WEB Services、Amazon Elastic Beanstalk、Amazon Aurora、Amazon Cognitoは、米国Amazon Services LLCおよびその関連会社の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • AIX、i5/OS、WebSphere、DB2は、米国IBM Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • Cosminexusは、株式会社日立製作所の登録商標です。
  • Microsoft、Azure、Windows、Windows Server、SQL Server、Internet Explorerは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • Firefoxは、米国Mozilla Foundationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • Interstageは、富士通株式会社の登録商標です。
  • Oracle、Oracle WebLogic Server、Solaris、MySQLは、米国Oracle Corporation及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • Linuxは、Linus Torvalds氏の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • Safariは、米国Apple Inc.の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • WebOTXは、日本電気株式会社の登録商標です。
  • Red Hatは、米国Red Hat, Inc.の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • Google、Google Chrome、Chrome、Androidは、米国Google Inc.の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • SUSEは、米国SUSE LLCの米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • SAP HANAはドイツSAP SEのドイツ及びその他の国における商標または登録商標です。
  • その他、本書に記載されている会社名・製品名等は、各社の商標または登録商標です。

会社情報

住友電工情報システム株式会社の概要

設立1998年10月1日
資本金4.8億円
従業員数500人
代表者代表取締役社長 奈良橋 三郎
本社所在地大阪市淀川区宮原3-4-30(ニッセイ新大阪ビル)
事業内容各種業務用ソフトウエアの開発・販売・保守、
パッケージ・ソフトの開発・販売・保守 他

お問い合わせ

<製品に関するお問い合わせ先>

住友電工情報システム株式会社 
ビジネスソリューション事業本部
システム営業部TEL: 03-6406-2840
西日本システム営業部TEL: 06-6394-6731
Email: rakrak@sei-info.co.jp

<本件に関するお問い合わせ先>

住友電工情報システム株式会社 
ビジネスソリューション事業本部
マーケティング室TEL: 06-6394-6754
Email: mkt@sei-info.co.jp
ページの先頭へ