クラウド版製品マニュアル 楽々Webデータベース
ホーム > エクセル業務効率化支援ツール 楽々Webデータベース > マニュアルトップ > 2章 アプリの作成 > 2-1 アプリを作成する > Excelから作成

Excelから作成

Excelファイルを読み込んで、アプリを作成します。

Excelファイル選択

アプリ作成のために使用するExcelファイルを選択します

Excelファイルからアプリを作成する際の、Excelファイルを指定する画面

1ファイル

Excelファイルを選択します。

2作成形式

アプリの形式を選択します。

単票
Excelファイルの1つのシートが、1件のデータに対応する際、選択します。
一覧
Excelファイルの1つのシートが、一覧(リスト)に対応する際、選択します。

3次へ

クリックすると、次の画面に進みます。

表示項目設定

表示項目を設定します

Excelファイルからアプリを作成する際の、表示項目を指定する画面

1シート

読み込むシートを選択します。

2選択中のセル

選択中のセルを表示します。

3選択済みセルの背景色

「表示項目設定」に登録したセルの背景色を変更するかを指定します。
ONにすると、登録したセルは「シートのイメージ」の背景色が変わります。

4シートのイメージ

読み込んだシートのイメージを表示します。
「表示項目設定」の「見出し」のセル、「データ」のセルを選択します。

5見出し

単票の見出しとして使用するセルを登録します。

6データ

単票のデータの入力部・表示部として使用するセルを登録します。

7一覧適用

範囲選択したセルから表の見出しとデータを適用します。

8見出し

表の見出しとして使用するセルを登録します。

9データ

表のデータの入力部・表示部として使用するセルを登録します。

10表を追加

「取り込み項目選択」に、表の見出しとデータを設定するための入力項目を表示します。

11次へ

クリックすると、次の画面に進みます。

型設定

アプリ名や、各項目の型を設定します

各項目の型を設定する画面

1データをインポートして作成する。

アプリを作成する際、Excelファイルからデータを読み込みます。

2Excelレイアウトを適用する。

作成したアプリにExcelレイアウトを適用します。

3表の行数をExcelのレイアウト通りに固定する。

「表示項目設定」の「取り込み項目選択」で、表を追加した場合のみ表示します。
表の行数をExcelレイアウト通りに固定します。

4アプリコード

アプリを識別するためのコードを入力します。
未入力の場合は、「APP_XXXXX」の形式で自動採番を行います。

5アプリ名

アプリの名前を入力します。

6表示部品

「表示項目設定」の「取り込み項目選択」で、表を追加した場合のみ表示します。「表示項目設定」で設定した表示部品(単票、表)ごとにタブを表示します。タブをクリックすると、表示部品の項目を一覧表示します。

7項目名

「表示項目設定」の「見出し」のセルから読み込んだ内容を表示します。

8

「型推論結果」を変更する際、項目型を選択します。

9型推論結果

「表示項目設定」の「データ」のセルが、どの項目型か推論した結果を表示します。

10データ

「表示項目設定」の「データ」のセルから読み込んだ内容を表示します。

11 作成

クリックすると、アプリを作成します。
アプリを作成すると、アプリ編集に進みます。