クラウド版製品マニュアル 楽々Webデータベース
ホーム > エクセル業務効率化支援ツール 楽々Webデータベース > マニュアルトップ > 3章 アプリ > 3-1 アプリを使用する: 一覧登録(EXCEL)

一覧登録(EXCEL)

Excelファイルのデータを一括登録します。

一覧登録(EXCEL)

一覧登録(EXCEL)

1テンプレートのダウンロード

データ登録用のファイルをダウンロードします。

2アップロードファイル名

一覧データを入力したファイルを選択します。
参照ボタンを選択し、対象のファイルを指定してください。
または、ファイルを直接ドラッグ&ドロップしてください。

3登録

クリックすると、アップロードしたファイルのデータを登録します。
データの登録結果が、結果画面に表示されます。

確認画面

データの入力に不備があると、その行のデータは登録されません。
「以下のデータは登録できません。」の下に登録対象外のデータを表示します。不備があるデータにエラー内容を表示します。
変更箇所の背景が黄色で表示されます。

確認画面

1登録

クリックすると、データを登録します。
データを登録すると、結果画面を表示します。

2中止

登録操作を取りやめます。
中止ボタンをクリックすると、一覧登録(EXCEL)画面に戻ります。

結果画面

データの入力に不備があると、その行のデータは登録されません。
「以下のデータは登録できません。」の下に登録対象外のデータを表示します。不備があるデータにエラー内容を表示します
「以下のデータを登録しました。」の下に登録対象のデータを表示します。

結果画面

注意事項

データ保護を設定した項目

ファイルの値は無視し、登録、更新しません。

自動採番項目

ファイルの値で登録します。
値が空のデータは、システムで自動で採番した値を登録します。
値があるデータと値が空のデータが混在する場合は、採番値が重複する可能性があるため、エラーとします。
値が空のデータを空のまま登録することもできます。自動採番項目の登録方法は、一般設定 で設定します。

ファイル項目、画像項目

ファイルの値は無視し、登録、更新しません。

リッチテキスト

登録はできますが、更新できません。