機能紹介

  • 体験版ダウンロード
  • カタログ資料請求

セミナ-情報

その他の連携機能

帳票ツール JasperReportsとの連携(RakConnect for JasperReport)

JasperReports設計画面の例
クリックすると拡大画面がご覧いただけます。

楽々Framework3では、画面に出力されている内容を所定の書式におきかえて用紙に出力することが可能です。
書式が簡易なものであればオープンソースの帳票作成ツールJasperReportsを使用することにより出力できます。

Strutsとの連携(RakConnect for Struts)

オープンソースのフレームワークであるStrutsとの連携が可能です。

既存Strutsベースのシステム資産や技術者を活用しながら、部分的に楽々Framework3を適用することで、品質、コスト、納期を大きく改善できます。

楽々Framework3で新規構築したシステムと既存のStrutsベースのシステムをひとつの業務システムとして統合することが可能です。

メニュー、ユーザー認証、データベース接続を共有

メニュー、ユーザー認証、データベース接続を共有

Strutsベースのシステムと楽々Framework3ベースのシステムがメニュー、ユーザ認証、データベース接続管理を共有できます。

これにより、Strutsと楽々Framework3を混在させたシステム構築が可能になります。

Strutsから楽々Framework3の機能を利用

Strutsから楽々Framework3の機能を利用

Strutsアプリケーションから、楽々Framework3が提供するクラスライブラリの豊富な機能が利用できます。

楽々Framework3からStrutsアプリケーションの呼び出し

楽々Framework3からStrutsアプリケーションの呼び出し

楽々Framework3アプリケーションからStrutsアプリケーションを呼び出すことが可能です。
(例えば、Strutsベースで作成された地図のアプリケーションを楽々Framework3から利用するなど)

Strutsで実現できること

Strutsで作成された既存基幹アプリケーションをお持ちのお客様は、再構築時、楽々Framework3を利用して短期間・低コストで高品質の機能追加が可能です

Strutsで作成された既存基幹アプリケーションをお持ちのお客様は、再構築時、楽々Framework3を利用して短期間・低コストで高品質の機能追加が可能です。
ログイン処理・データベース処理をはじめ、基本的な処理を楽々Framework3の標準機能に任せて開発することができます。

新規に作成予定のアプリケーションを楽々Framework3とSturtsで並行開発することも可能です

新規に作成予定のアプリケーションを楽々Framework3とSturtsで並行開発することも可能です。楽々Framework3の豊富な業務部品に加えて、Struts用で作成したアプリケーションを楽々Framework3のシステムから利用することができ、ニーズに柔軟に応えられます。

既に楽々Framework3をご利用のお客様が、楽々Framework3の豊富な業務部品に加えて、Struts用で作成したアプリケーションを楽々Framework3のシステムから利用することも可能です

既に楽々Framework3をご利用のお客様が、楽々Framework3の豊富な業務部品に加えて、Struts用で作成したアプリケーションを楽々Framework3のシステムから利用することも可能です。

Page Top