製品紹介

  • 体験版ダウンロード
  • カタログ資料請求

セミナ-情報

楽々Framework3の開発の流れ[製品紹介]

楽々Framework3では、大きく4つのステップでプログラムを開発します。その大部分が自動化・GUI化されており、直感的で簡単な操作で高機能高性能の本格的なプログラムを開発することが可能です。

プログラムを3種類の部品で定義します

[1]DOA(データ中心設計)によるデータ定義

このデータ定義では、使い慣れたツールベンダー各社の設計ツールをそのままご活用いただくことが可能です。楽々Framework3開発に当たり特別な設計技法を習得しなおす必要はありません。従来の方法で設計を行ってください。

なお楽々Framework3のテーブル定義書を生成する連携インタフェースを持つ設計ツールを使用すれば、設計結果からワンタッチでテーブル定義書を生成させることが可能です。

また、上流設計ツールを使わずに、楽々Framework 3 に付属の設計ツールRakStudio(ラックスタジオ)を使用してテーブル定義書を専用画面から簡単に編集することもできます。

[2]テーブル定義書をもとにプロトタイプを自動的に生成

楽々Framework3はテーブル定義書をもとにデータベースを自動生成するとともに、データ項目部品である「項目オブジェクト」を自動生成します。

さらに、定義したテーブルへの登録・更新・削除・検索を実装するプロトタイプも自動生成します。

このプロトタイプには、テーブル定義書をもとに、どのような項目オブジェクト(データ項目部品)を使用するか、どのようなプログラムパターン(プログラム部品)を使用するか、またそのためにどのようなSQLが必要か、自動的に判断した結果が定義されています。

このプロトタイプは実行可能な状態になっていますので、プログラマはこの時点でプロトタイプの動作を確認することができます。

[3]画面のカスタマイズ

このステップでは、楽々Framework3のプログラム作成ツールRakStudio(ラックスタジオ)を使用して、表示項目の追加、画面レイアウトの変更、データ項目の表示形式や項目名称の変更などを行います。

見た目の調整についてはマウスのドラッグ・アンド・ドロップによる直感的な操作で画面遷移・画面レイアウトを編集することができ、任意の箇所へのボタンやメッセージの配置も容易に行うことが可能です。
また画面に表示するデータの取得や画面フォームへ入力されたデータの登録処理は、RakStudio(ラックスタジオ)の「SQL設定」(SELECT文)や「更新項目表」(INSERT対象項目設定)で定義します。GUI画面からの設定なので構文エラーなどのミスは発生しません。

RakStudio(ラックスタジオ)で編集された内容はプロトタイプをコピーしたプログラムとして保存され、楽々Framework3は実行時にこのコピーしたプログラムを呼び出して実行します。RakStudio(ラックスタジオ)での編集のつど、プログラムを再生成する必要はありません。

RakStudio(ラックスタジオ)による変更、動作確認、再修正というサイクルを容易に何度もまわすことができますので、極めて効率よくプログラム開発を行うことが可能です。

[4]業務ロジックの追加

開発の最終ステップでは、企業や業務に固有のビジネスロジックを組み込みます。
楽々Framework3は汎用的なフレームワークでありながら、特定条件におけるエラーチェックやデータベース更新処理・メール送信・ログ出力などが設定できるため、固有の業務要件にも対応できます。しかもその設定はRakStudio(ラックスタジオ)のGUI画面から行えます。

なお、必要に応じて局所的にJavaScriptやRubyでのロジックも追加できます。
要件実現に向けての最後の砦としてコーディング組み込み口を用意しているため、どんなユーザー要求であっても最終的にすべて対応可能です。これにより求めるシステムに柔軟に対応できます。

Page Top