機能紹介

  • 体験版ダウンロード
  • カタログ資料請求

セミナ-情報

多国語

多国語対応(日本語・英語・中国語)

ユーザーの母国語に合わせ「日本語」「英語」「中国語」に切り替えて表示できるシステムを構築できます。 ユーザーは同一システムにアクセスし、出力するメッセージやタイトル・ボタンや登録データの表示を言語スイッチでいつでも切り替えられます。

多国語対応(日本語・英語・中国語) 多国語対応(中国語)拡大画面を開く 多国語対応(英語)拡大画面を開く 多国語対応(日本語)拡大画面を開く

多国語対応システムの仕組み

標準メッセージ・タイトル・ボタン

楽々Framework3の画面表示部品が標準で出力するメッセージやタイトル・ボタンは既に翻訳語が登録してあります。特別な準備は必要ありません。画面上にある言語スイッチをクリックすることで表示が切替えられます。

標準メッセージ・タイトル・ボタン

項目タイトル(項目オブジェクト)

楽々Framework3の項目オブジェクト(=項目部品)は日本語、英語、中国語の名称を保持できます。それぞれの名称をあらかじめ登録しておけば言語スイッチをクリックすることで表示が切替えられます。

日本語名称・英語名称・中国語名称をそれぞれ登録

データ

表示データは言語ごとにデータ行を保持することで表示の切り替えが可能です。 本来のキーに加え「言語区分」を設けて複合キーとして扱い、言語ごとにデータを追加します(0:日本語、1:英語、2:中国語)。

本来のキーに加え「言語区分」列を設けて複合キーとして定義

表示データ取得用SELECT文を定義する際に、条件に言語区分置換パラメータ(%lang%)を指定すると、SELECT文実行時に現在選択中の言語スイッチを表す区分に自動置換します。これにより名称を言語ごとに個別に表示できます。

表示データ取得SELECT文の条件に言語区分置換パラメータを指定

Page Top