機能紹介

  • 体験版ダウンロード
  • カタログ資料請求

セミナ-情報

ジョブ管理機能

ジョブ管理システムとの連携

ジョブの自動実行と監視、統計処理をサポートします。

ジョブの監視と実行

システム上のジョブを統合的に監視することができます。また、関係会社を含めた複数会社の利用を想定したシステムでも監視できます。

設計ツールRakStudioで作成した設計情報を、あらかじめユーザが定義したExcelに出力可能

多彩なジョブ実行制御

システム上で動くさまざまな業務(ジョブ)の運用管理において、ジョブの自動実行と監視をサポートし、多くの要件に対応できます。

  • ジョブスケジューリング設定
    ジョブのカレンダー(実行日)を複数設定し、用途によって使い分けることができます。複数のカレンダーを持つことにより、あるジョブは毎営業日に実行、あるジョブは毎システム稼動日に実行が可能になりました。

  • リアルタイムジョブ実行
    緊急で実行したいジョブを直接登録し、リアルタイムにジョブを実行します。
  • 後続ジョブの自動起動
    あるジョブの成功後に次のジョブを後続で自動的に実行します。
ジョブの実行多重度の調整

ジョブ実行サーバ上で、一度に実行できるジョブの数を制限し、サーバの負担分散を行えます。

ジョブの実行多重度の調整

ジョブの優先度管理

複数会社での運用を想定し、各会社ごとにジョブを優先度グループでまとめることができます。優先度の高いグループに含まれるジョブは、キューの待ち状態から優先的に次のジョブとして採用されます。

ジョブの優先度管理

ジョブネットの外部入出力

ジョブ単体の情報だけではなく、ジョブの管理情報やジョブとジョブの連携(ジョブネット)情報の入出力を行うことができます。

登録されたジョブの情報をZIP形式で出力します。出力したジョブの情報を別のサーバにインポートすることにより簡単にジョブ情報をコピーすることが可能です。

サーバの移行や、テスト環境から本番環境への移行など様々なシーンで活用できます。

Page Top