住友電工情報システム
Excelを簡単Web化 業務効率化支援ツール 楽々Webデータベース
閉じる
ホーム > 楽々Webデータベース > マニュアルトップ > 5章 ユーザー管理 > CSV登録

CSV登録

CVSファイルに設定したユーザーを登録します。

CSV登録

1テンプレートのダウンロード

データ登録用のファイルをダウンロードします。

2アップロードファイル名

データを入力したファイルを選択します。
参照ボタンを選択し対象のファイルを指定してください。
またはファイルを直接ドラッグ&ドロップしてください。

3登録

クリックすると、確認画面に進みます。

確認画面

データの入力に不備がある場合、その行のデータは登録されません。
「以下のデータは登録されません。」の下に登録対象外のデータを表示します。不備があるデータにエラー内容を表示します。

1登録

クリックすると、データを登録します。
データを登録すると、結果画面を表示します。

2中止

登録操作を取りやめます。
中止ボタンをクリックすると、CSV登録画面に戻ります。

CSVファイルについて

CSV登録画面 「テンプレートのダウンロード」より、CSVをダウンロードして、ひな型としてご利用ください。

ダウンロードしたCSVファイルを開く場合の注意点

ダウンロードしたCSVファイルはUTF-8で作成されているため、UTF-8に対応したエディタもしくは、OpenOffice・LibreOfficeで編集可能です。
Excelで開く場合は以下の手順を実施してください。

  • 1. ダウンロードしたファイルの拡張子をcsvからtxtに変更する。
  • 2. Excelを起動し、「ファイル」の「開く」からファイルを選択する。
  • 3. 区切り文字を「,」(カンマ)にしてファイルを開く。

CSVファイルをアップロードする際の注意点

アップロードいただくCSVファイルはUTF-8である必要があります。テキストエディタで編集した場合は、保存時にUTF-8を指定して保存してください。
Excelで編集した場合は、保存時にはShift-JISで保存されますので、該当ファイルをメモ帳(notepad.exe)で開き直し、UTF-8を指定して保存しなおしてください。

Excelを簡単Web化 業務効率化支援ツール
Excelを簡単Web化 業務効率化支援ツール 楽々Webデータベース