住友電工情報システム
Excelを簡単Web化 業務効率化支援ツール 楽々Webデータベース
閉じる
ホーム > 楽々Webデータベース > マニュアルトップ > マニュアル リッチテキスト

リッチテキスト

複数行のテキストを入力する項目です。
文字だけでなく、文字の色・大きさ・装飾やリンク、表などを含めることができます。

リッチテキスト

入力イメージ

表示イメージ

設定

《項目》

項目名
項目の名称です。項目のタイトルとして表示されます。
項目名表示
タイトル部を表示するかを指定します。
文字の位置
タイトルの表示位置を指定します。
文字装飾
タイトルの文字装飾を指定します。
文字色
タイトルの文字色を指定します。
文字背景色
タイトルの文字の背景色を指定します。
文字の大きさ
タイトルの文字の大きさを指定します。単位は、px(ピクセル)です。

《データ》

入力幅
入力欄の幅を指定します。
入力行数
入力欄の行数を指定します。
必須項目
データを必須入力にするかを指定します。
データの保護
データを変更できるかを指定します。

リッチテキストの使用方法

1フォント

フォントを指定します。
フォントキーワードで指定するため、ブラウザ・OSによってフォントが異なる場合があります。

Serif
欧文フォントの「セリフ」を使用する。日本語フォントでは「明朝体」を使用する。
Sans serif
欧文フォントの「サンセリフ」を使用する。日本語フォントでは「ゴシック体」を使用する。
monospace
等幅フォントを使用する。

2フォントサイズ

文字のサイズを指定します。

極小
サイズ1(最も小さい)
サイズ2
通常
サイズ3(標準)
サイズ4
極大
サイズ5
見出し1
サイズ6
見出し2
サイズ7(最も大きい)

3フォントカラー

文字の色を指定します。

4画像挿入

画像を挿入します。画像のURLを記述します。

5表挿入

表を挿入します。行数と列数を指定、表を作成します。

6セル背景色

表を挿入します。行数と列数を指定、表を作成します。

7リンク

URLを指定して、リンクを挿入します。文字列を選択した状態でリンクを挿入すると、その文字列がリンクになります。
文字列を選択していない状態でリンクを挿入すると、URLがリンクになります。

8太字

文字を太字にします。

9斜体

文字を斜体(イタリック体)にします。

10下線

文字に下線を付けます。

11上付き

文字を上付き文字にします。

12下付き

文字を下付き文字にします。

13左揃え

左詰めにします。

14中央揃え

中央に揃えます。

15右揃え

右詰めにします。

16両揃え

両端揃え(均等割付)にします。

17段落番号

段落番号を付けます。

18箇条書き

箇条書きにします。

19リンク解除

リンクを解除します。

20インデント

行頭の位置を右にずらします。

12インデント解除

行頭の位置を左に戻します。

Excelを簡単Web化 業務効率化支援ツール
Excelを簡単Web化 業務効率化支援ツール 楽々Webデータベース