住友電工情報システム
閉じる
ホーム > 楽々Webデータベース > マニュアルトップ > 2章 アプリの作成 > 2-1 アプリを作成する:CSVから作成

CSVから作成

CSVファイルを読み込んで、アプリを作成します。

CSVファイル選択・項目設定・型設定

アプリは、以下の2ステップで作成します。

STEP1 アプリ作成のために使用するCSVファイルを選択します

CSVファイルからアプリを作成する際の、CSVファイルを指定する画面

1ファイル

CSVファイルを選択します。

2CSVファイルの文字コード

CSVファイルを読み込む際の文字コードを選択します。
「Shift_JIS」「UTF-8」を選択できます。

3次へ

クリックすると、次の画面に進みます。

STEP2 表示項目を設定します

CSVファイルからアプリを作成する際の、表示項目を設定するための画面

1アプリ名

アプリの名前を入力します。

2カテゴリ

カテゴリの名前を入力します。
入力した名前でカテゴリを作成します。
既に存在するカテゴリから選択することもできます。

3項目名

「表示項目設定」の「見出し」のセルから読み込んだ内容を表示します。

4

「型推論結果」を変更する際、項目型を選択します。

5型推論結果

「表示項目設定」の「データ」のセルが、どの項目型か推論した結果を表示します。

6データ

「表示項目設定」の「データ」のセルから読み込んだ内容を表示します。

7作成

クリックすると、アプリを作成します。
アプリを作成すると、アプリ編集に進みます。

Excelを簡単Web化 業務効率化支援ツール