住友電工情報システム
閉じる
ホーム > 楽々Webデータベース > マニュアルトップ > 2章 アプリの作成 > 2-1 アプリを作成する:コレクトアプリ作成

コレクトアプリ作成

複数のアプリをつなげて、コレクトアプリを作成します。コレクトアプリによって複数アプリのデータを集計します。

ベースアプリ選択

ベースアプリ選択画面

1ベースアプリ

ベースアプリ(まとめるアプリの1つ目)を選択します。
「参照」ボタンをクリックすると、アプリの検索画面を表示します。

2次へ

クリックすると、次の画面に進みます。

表示項目設定

表示項目設定画面

1ベースアプリ

ベースアプリ(まとめるアプリの1つ目)を表示します。

2コレクトアプリ名

コレクトアプリの名前を入力します。

3カテゴリ

カテゴリの名前を入力します。
入力した名前でカテゴリを作成します。
既に存在するカテゴリを選択できます。

4移動

移動された項目をチェックします。
チェックして、「最上部に移動」「上に移動」「下に移動」「最下部に移動」をクリックすると、項目が移動します。

5表示/非表示

コレクトアプリで表示する項目を設定します。

6項目名

ベースアプリのフォームに設定されている項目の項目名を表示します。

7

項目の項目型を表示します。

8次へ

クリックすると、次の画面に進みます。

コレクトアプリ設定

コレクトアプリ設定画面

1アプリ

2つ目以降のアプリを選択します。

2ソート順

検索データの初期ソート順を入力します。
整数値(小さいほど優先)で指定します。

3順序

並び替えの順序を指定します。
「昇順」「降順」を選択できます。

  • 昇順 数値の小さいものから大きいもの、アルファベットの前から後、などの決まった順番で並べます。
  • 降順 数値の大きいものから小さいもの、アルファベットの後から前、などの反対の順番で並べます。

4項目

表示する値、もしくは項目を入力します。
固定値を表示する際は「値」を選択します。項目の値を表示する際は「項目」を選択します。

固定値を指定します。
項目
項目を選択します。
「参照」ボタンをクリックすると、項目の選択画面を表示します。

5作成

クリックすると、アプリを作成します。
アプリを作成すると、HOMEに戻ります。

Excelを簡単Web化 業務効率化支援ツール