住友電工情報システム
閉じる
ホーム > 楽々Webデータベース > マニュアルトップ > 2章 アプリの作成 > 2-2 アプリの編集:JavaScript

JavaScript

ボタンをクリック時や、画面表示時に実行するJavaScriptを設定します。

ボタンクリック時

ボタンクリック時に実行するJavaScriptを設定します。

1(フォーム)登録ボタン

登録画面の「登録」ボタンをクリックしたときに実行するJavaScriptです。

2(フォーム)更新ボタン

更新画面の「更新」ボタンをクリックしたときに実行するJavaScriptです。

3(フォーム)削除ボタン

削除画面の「削除」ボタンをクリックしたときに実行するJavaScriptです。

4(フォーム)類似ボタン

コピー画面の「登録」ボタンをクリックしたときに実行するJavaScriptです。

5(一覧)登録ボタン

一括登録画面の「登録」ボタンをクリックしたときに実行するJavaScriptです。

6(一覧)更新ボタン

一括更新画面の「更新」ボタンをクリックしたときに実行するJavaScriptです。

7一件追加

JavaScriptを追加します。
JavaScript設定画面に進みます。

8移動

実行順序を設定します。
チェックボックスを選択し、「最上部に移動」「上に移動」「下に移動」「最下部に移動」を押すとチェックボックスで選択した行が上下に移動します。
処理は上から順番に実行します。

JavaScript設定画面

1有効

JavaScriptの有効/無効を選択します。
選択すると、表示制御を適用します。

2概要

JavaScrptの説明を入力します。

3JavaScript

JavaScrptを入力します。

4適用

クリックすると、アプリに反映し、更新画面に遷移します。

画面表示時

画面表示時に実行するJavaScriptを設定します。

1有効

JavaScriptの有効/無効を選択します。
選択すると、表示制御を適用します。

2JavaScript

JavaScrptを入力します。
アプリの種類、表示中の画面を判別するためのJavaScript関数を使用できます。

3適用

クリックすると、アプリに反映します。

Web型エクセル業務効率化支援ツール