住友電工情報システム
Excelを簡単Web化 業務効率化支援ツール 楽々Webデータベース
閉じる
ホーム > 楽々Webデータベース > マニュアルトップ > マニュアル 項目の設定

項目の設定

楽々Webデータベースで使用できる主な項目の設定です。

項目設定

項目に設定できる内容は、以下のとおりです。
項目によって設定できる内容は異なります。

項目名

項目の名称です。項目のタイトルとして表示されます。

項目名表示

タイトル部を表示するかを指定します。

表示する
タイトル部を表示する(タイトル部とデータ部を表示する)
表示しない
タイトル部を表示しない(データ部のみ表示する)

入力幅

入力欄の幅を指定します。

入力文字制限

最大入力可能文字数を指定します。
指定した文字数を超えて入力すると、入力エラーになります。

入力文字種別制限

入力を許可する文字の種類を指定します。
許可した文字の種類を入力すると、入力エラーになります。

制約なし
全ての文字を許可する
全角のみ
全角文字のみ許可する
半角のみ
半角文字のみ許可する
混在不可
全角文字、半角文字いずれかを許可する(全角文字と半角文字の混在を許可しない)
英数のみ
A~Z、a~zの半角アルファベット、0~9の半角数字、半角記号、半角スペースを許可する
英数大文字
A~Zの大文字の半角アルファベット、0~9の半角数字を許可する
英数小文字
a~zの小文字の半角アルファベット、0~9の半角数字を許可する
全角カタカナ
全角カタカナのみ許可する
半角カタカナ
半角カタカナのみ許可する
全角/制御文字
「全角のみ」で許可する文字に加えて、改行やタブなどの制御文字を許可する
英数/制御文字
「英数のみ」で許可する文字に加えて、改行やタブなどの制御文字を許可する

データの重複

データの重複を許可するかを指定します。
重複を許可しない場合、同じデータを登録しようとすると入力エラーになります。

データの重複を許可しない
同じデータを登録できない
データの重複を許可する
同じデータを登録できる

必須項目

データを必須入力にするかを指定します。
必須項目とした場合、未入力で登録しようとすると入力エラーになります。

必須項目とする
未入力で登録できない
必須項目としない
未入力で登録できる

データの保護

データを変更できるかを指定します。

有効
データを変更できない
無効
データを変更できる

入力ヒント

入力ヒントを指定します。
入力ヒントは、入力欄に何も入力されていない場合に、グレーの文字で表示します。入力欄にフォーカスを当てると文字が消えます。フォーカスを外した時に、何も入力されていない場合は再表示します。

初期値

初期値を指定します。
データを登録する際に、最初から入力欄に値が入った状態で表示されます。

ポップアップ設定

データの選択画面を使用する場合に設定します。
設定すると、入力欄の右横に「参照」ボタンが表示されます。「参照」ボタンをクリックすると、データの選択画面が表示されます。

以下の例を参考に、設定方法を説明します。
例では、「項目1」の参照ボタンをクリックして「会員」アプリを開き、会員番号を選択すると、「項目1」に会員番号、「項目2」に氏名がセットされる設定をします。

動作例

1. 参照ボタンをクリックします。

2. 参照ボタンをクリックすると、別ウインドウで「会員」アプリを表示します。
会員番号「1000」をクリックします。

3. 選択した会員番号と氏名が、元の画面に設定されます。

設定例

1. 設定
ポップアップ設定の参照ボタンをクリックします。

2. アプリ検索
ポップアップ設定画面で、アプリ検索が表示されます。
一覧から「会員」アプリを選択します。

3. 項目設定
ポップアップ設定画面で、アプリの項目設定が表示されます。
「会員番号」の参照ボタンをクリックします。

4. 項目選択
項目選択画面が表示されます。
項目選択画面で「項目1」をクリックします。

同じように、項目設定で「氏名」の参照ボタンをクリックして項目選択画面を表示し、「項目2」をクリックします。

5. 設定反映
アプリの戻し先項目名がセットされます。
設定ボタンをクリックして、設定を反映します。

6. 確認
「ポップアップ設定」に、参照ボタンをクリックした際に呼び出すアプリ名が表示されます。

Excelを簡単Web化 業務効率化支援ツール
Excelを簡単Web化 業務効率化支援ツール 楽々Webデータベース