住友電工情報システム
Excelを簡単Web化 業務効率化支援ツール 楽々Webデータベース
閉じる
ホーム > 楽々Webデータベース > マニュアルトップ > 2章 アプリの作成 > 2-2 アプリの編集:表示制御

表示制御

項目の表示方法を設定します。
条件によって、項目の表示/非表示、入力可/不可を切り替えます。

一覧

1一件追加

表示制御を追加します。

設定

1有効

表示制御の有効/無効を選択します。
選択すると、入力チェックを適用します。

2概要

表示制御の説明を入力します。

3項目

適用する項目を指定します。
「参照」をクリックすると、項目の選択画面を表示します。

4表示状態

条件を満たす場合の動作を指定します。

非表示
項目を表示しない
入力不可
項目を入力不可にする

5実施条件

複数の条件を設定した場合に、表示制御を実行する条件を指定します。

以下の全ての条件を満たすとき(AND)
複数の条件を全て満たす場合に実行する
以下のいずれかの条件を満たすとき(OR)
複数の条件のうち1つでも満たす場合に実行する
条件組み合わせ
フリーフォーマットで指定した条件を満たす場合に実行します。
「条件組み合わせ」を選択すると、実施条件をフリーフォーマットで入力するためのテキストエリアと、条件コードの入力項目を表示します。
① 実施条件
「条件コード」「AND」「OR」「()」を組み合わせた条件をフリーフォーマットで設定します。「条件コード」は「%」で囲んで記載します。
② 条件コード
条件を特定するためのコードを半角英数文字で指定します。

例えば、実施条件に「%C1% AND (%C2% OR %C3%)」を設定すると「C1の条件を満たす」かつ(「C2の条件を満たす」または「C3を満たす」)場合に動作します。

以下の全ての条件を満たすとき(AND)
複数の条件を全て満たす場合に実行する
以下のいずれかの条件を満たすとき(OR)
複数の条件のうち1つでも満たす場合に実行する
条件組み合わせ
指定した条件を満たす場合に実行します。
「条件組み合わせ」を選択すると、条件の入力項目を表示します。
条件の入力項目に「条件コード」「AND」「OR」「()」を組み合わせた条件を設定します。「条件コード」は「%」で囲んで記載します。

6選択

チェックボックスを選択し、「最上部に移動」「上に移動」「下に移動」「最下部に移動」を押すとチェックボックスで選択した行が上下に移動します。
「分割」を押すと、選択した行の下に行をコピーして追加します。
「削除」を押すと、選択した行を削除します。

7項目

条件判定に使用する項目を指定します。
「参照」をクリックすると、項目の選択画面を表示します。
「クリア」クリックすると、選択済の項目をクリアします。

8条件

条件式の演算子を指定します。

  • が対象値と 等しい
  • が対象値と 異なる
  • が対象値から 始まる
  • が対象値から 始まらない
  • が対象値で 終わる
  • が対象値で 終わらない
  • が対象値を 含む
  • が対象値を 含まない
  • が対象値より 大きい(>)
  • が対象値より 小さい(<)
  • が対象値 以上(>=)
  • が対象値 以下(<=)
  • の値 あり
  • の値 なし

9対象値

条件が成立する値を入力します。
値もしくは項目を指定します。

値を指定する
項目
項目名を指定する

10適用

クリックすると、アプリに反映します。

Excelを簡単Web化 業務効率化支援ツール
Excelを簡単Web化 業務効率化支援ツール 楽々Webデータベース