住友電工情報システム
閉じる
ホーム > 楽々Webデータベース > マニュアルトップ > 2章 アプリの作成 > 2-2 アプリの編集:メール通知設定

メール通知設定

データの登録、更新、削除後に送信するメールを設定します。

一覧

1一件追加

メールを追加します。

設定

1有効

メール通知の適用有無を選択します。
選択すると、メールを通知します。

2選択

チェックボックスを選択し、「下追加」を押すと行を追加します。
「削除」を押すと、選択した行を削除します。

3宛先の種類

メールの送信先を「To」「Cc」「Bcc」から選択します。

4宛先の設定方法

宛先の設定方法を選択します。

直接指定
メールアドレスを直接入力します。
ユーザー指定
選択したユーザーのメールアドレスを使用します。

5宛先

宛先の設定方法に「直接指定」を指定した場合、宛先のメールアドレスを入力します。
宛先の設定方法に「ユーザー指定」を指定した場合、参照ボタンから宛先のユーザーを選択します。

6件名

メールの件名を入力します。
置換パラメータを使用する場合、参照ボタンをクリックしてメールパラメータを選択します。

7本文

メールの本文を入力します。
置換パラメータを使用する場合、参照ボタンをクリックしてメールパラメータを選択します。

8実施条件

複数の条件を設定した場合に、表示制御を実行する条件を指定します。

以下の全ての条件を満たすとき(AND)
複数の条件を全て満たす場合に実行する
以下のいずれかの条件を満たすとき(OR)
複数の条件のうち1つでも満たす場合に実行する
条件組み合わせ
フリーフォーマットで指定した条件を満たす場合に実行します。
「条件組み合わせ」を選択すると、実施条件をフリーフォーマットで入力するためのテキストエリアと、条件コードの入力項目を表示します。
① 実施条件
「条件コード」「AND」「OR」「()」を組み合わせた条件をフリーフォーマットで設定します。「条件コード」は「%」で囲んで記載します。
② 条件コード
条件を特定するためのコードを半角英数文字で指定します。

例えば、実施条件に「%C1% AND (%C2% OR %C3%)」を設定すると「C1の条件を満たす」かつ(「C2の条件を満たす」または「C3を満たす」)の場合に動作します。

9選択

チェックボックスを選択し、「最上部に移動」「上に移動」「下に移動」「最下部に移動」を押すとチェックボックスで選択した行が上下に移動します。
「分割」を押すと、選択した行の下に行をコピーして追加します。
「削除」を押すと、選択した行を削除します。

10項目

条件判定に使用する項目を指定します。
「参照」をクリックすると、項目の選択画面を表示します。
「クリア」クリックすると、選択済の項目をクリアします。

11条件

条件式の演算子を指定します。

  • が対象値と 等しい
  • が対象値と 異なる
  • が対象値から 始まる
  • が対象値から 始まらない
  • が対象値で 終わる
  • が対象値で 終わらない
  • が対象値を 含む
  • が対象値を 含まない
  • が対象値より 大きい(>)
  • が対象値より 小さい(<)
  • が対象値 以上(>=)
  • が対象値 以下(<=)
  • の値 あり
  • の値 なし

12対象値

条件が成立する値を入力します。
値もしくは項目を指定します。

値を指定します。
項目
項目名を指定します。

13適用

クリックすると、アプリに反映します。

メールパラメータ選択

メールの件名や本文に、項目の名称、項目の値、その他のメールパラメータを設定します。

一覧画面のリンクをクリックすると、呼び出し元画面にメールパラメータを設定します。

サブアプリのメール通知設定について

サブアプリを作成した場合、作成元のアプリから「宛先」以外のメール通知設定を引き継ぎます。

メールパラメータで使用した項目を削除した場合

メールパラメータで使用した項目 を削除もしくは非表示にした場合、パラメータの値は、マスキング(**** 表記)します。

Excelを簡単Web化 ノンプログラミング業務効率化ツール