住友電工情報システム
AIで「探し方」改革! 全文検索・情報活用システム 検索エンジン パッケージ市場で3年連続シェア1位(富士キメラ総研調べ) QuickSolution
閉じる
ホーム > QuickSolution > 活用・導入事例一覧 > 活用事例一覧 > 活用事例:Office 365/SharePoint検索

Office 365/SharePoint検索

Microsoftがクラウド展開するOffice製品『Office 365』。
導入時の初期費用が抑えられることに加えて、PCのみならずスマートフォンやタブレットといった多様なデバイスでの利用も可能であるなどの多くの利点から、Office 365を導入する企業も増えてきています。

『SharePoint』は文書ファイルや予定表などを共有、管理するサービスで、ユーザが用意したサーバ上で利用するオンプレミス版と、クラウド上で利用するSharePoint Online(シェアポイント オンライン)とがあり、Office 365にはSharePoint Onlineを含みます。
QuickSolutionでは、このSharePoint(オンプレミス、オンラインともに)の全文検索に対応しています。

SharePoint内に散在する情報を高速検索

SharePointは全文検索機能やバージョン管理機能を持つため、ファイルサーバ上の文書を検索する場合と比較すると、目的の文書をスムーズに探し当てることができることでしょう。しかし、SharePointは検索機能に特化した製品ではないため、大容量・大規模な文書が検索対象となる場合は、高速・高精細な全文検索エンジンの利用が不可欠です。

QuickSolutionのOffice 365/SharePoint検索(シェアポイント検索)は、SharePointに対して特別な設定を行うことなく簡単にご導入いただけます。
QuickSolutionは全フィールドを対象としたあいまい検索(類似検索)や辞書を用いた検索を行うこともできるため、検索漏れがなくノイズも少ない快適な検索を実現します。また、予定表や掲示板といったデータの種類や更新日時などの属性との組み合わせ検索も可能です。

どんなファイルも横断検索

社外情報の検索にインターネット検索サイトを利用するように、イントラネットに分散する様々な社内文書をQuickSolutionでインデックス作成し一元管理することで横断検索できます。
SharePoint(オンプレミス、オンラインともに)、ファイルサーバなど、その文書がどこに保存・管理されているかにかかわらず、文書ファイル、PDF、XMLファイルなど、どんなファイル形式であっても横断検索できます(検索対象データ一覧)。

横断検索イメージ
横断検索

アクセス権もそのまま

SharePoint上のサイト、リスト、ライブラリに対して設定されたアクセス権限を継承した検索対象の作成が可能なので、セキュリティも万全です。部署ごとや役職ごとにアクセス権のないファイルは検索結果には反映されません。

ページの先頭へ