住友電工情報システム
ホーム > ITキーワード > 間接材調達(間接材購買)

間接材調達(間接材購買)の最適化

オフィス用の事務用品や家具をはじめとした間接材は、適切な方法で調達すれば、コスト削減や業務削減などのメリットにつながります。ここでは、従来の調達方法をふまえ、間接材調達(間接材購買)の最適化するべき理由を紹介します。

間接材の調達・購買について

間接材の調達・購買について、直接材との違いなどを挙げながら紹介します。

直接材とは? 間接材とは?

企業の売り上げや戦略に直接関わる購買品のことを「直接材」といい、直接材以外の経費購買品を「間接材」といいます。
製造業を例に挙げれば、直接生産につながる原材料や部品などは直接材です。直接材以外の購買品で、経費の対象となる工具や保安資材、消耗品、燃料などは間接材と呼ばれます。サービス業であれば、文具や事務用品、帳票類、販促品、雑貨などが間接材です。
間接材は会社で一括調達するのではなく、個人や部署内で調達する機会の多い購買品です。

間接材の調達方法と現状

直接材の調達では購買部が一括で管理するケースが多いですが、間接材の調達では個人や各部署単位で購入するケースが大半です。
そのため間接材の調達では、同じ品物を購入するのに拠点や部署によって購入先が異なる場合や、少量ずつ何度も同じ品物を購入してしまうといった現状があります。

間接材は管理の一元化が進みづらい

間接材の調達・購買は管理の一元化が進みづらく、コスト、労力の削減が難しい業務です。

管理一元化が進まないわけ

間接材は個人や部署単位で必要なものを購入することが一般的なため、間接材調達の管理は難しく、一元化がなかなか進みません。

直接材は企業の売り上げや戦略に直結するため厳しく管理され、コスト削減の対象になることが多いです。その一方で、間接材の場合は調達方法がバラバラで管理されておらず、コストについて見直す機会もあまり設けられていません。
例えば文房具を購入する場合、購買部を通さずに個人や部署内で購入してから精算する方法をとっている会社も多く、一括調達の直接材と比べると管理・コスト削減が難しくなっています。

間接材調達の管理とコスト削減には調達最適化!

上記のように、間接材調達はさまざまな問題点を抱えています。経費購買品の管理やコスト削減についての問題点を解決するためには、無駄のない方法で調達する必要があります。

間接材調達(間接材購買)を最適化することで生まれるメリットは

間接材調達を最適化するためには、「業務の集約」「購入先の集約」「承認制度の導入」の3つの方法が有効です。それぞれの方法で生まれるメリットを紹介します。

業務の集約で業務効率化

これまで個人や各部署でバラバラに行っていた間接材調達を特定の部署に集約することで、担当者は調達業務に特化することができます。これにより業務を効率化し、時間的コストを削減できます。

購入先の集約で調達コストを削減

間接材調達を特定の部署に集約することで、購入先を集約できるようになります。そうすると個々の購入先あたりの取引量が増え、スケールメリットを生かした交渉で調達コストの削減を図れます。

承認制度の導入で不正防止

個人や部署単位で間接材を調達している場合、調達ルールが曖昧になってしまい、不正の温床になってしまうことも。そのため社内ルールを明確にし、規定に沿った承認制度を導入すれば、不正の発生を防止することができます。

間接材調達(間接材購買)の最適化をおすすめします

いかがでしたか?「業務を集約し業務効率を向上させる」「購入先を集約し調達コストを削減する」「承認制度の導入で不正を防止する」といった方法で間接材調達を最適化すれば、労力(人件費)の削減、調達コストの削減、不正防止といったメリットが得られます。それだけでなく、調達業務を一元化すれば、調達実績の分析が可能になり、より的確な間接材調達も可能になります。
現在、間接材の調達を個人や各部署単位で行っているなら、間接材調達の最適化をご検討されてはいかがでしょうか。

関連製品

楽々ProcurementII
(購買システム)
  • Web画面で購入依頼、発注、検収まで行えるWeb購買システム。
  • 購入依頼申請や見積の内容を発注に引用できるので、調達部署の作業を削減。
  • Web画面からリアルタイムに状況把握。
  • 電子承認でルールに沿った運用をサポートし、不正防止やペーパーレスを実現。
ページの先頭へ